ゼロの法則について

ゼロの法則とは?

「ゼロの法則」というのは、運を発生させる仕組みをわかりやすく解説したものになります。しかし、運の仕組みを解説しただけの法則ではありません。
この世の中の森羅万象を説いた、不変の法則でもあります。
ですから、カウンセリングから願望実現まで、または、スピリチュアルやあの世の世界まで全てを網羅しているといっても過言ではありません。

ゼロの法則には3つのポイントがあります。

1.わかりやすい
2.完璧である
3.結果がでる

1.わかりやすい。

プラスマイナスという対極のものが合わさると、運が発生します(願いが叶います)。
逆に同極同士(プラスプラスマイナスマイナス)が合わさると、運が離れていきます。

例えば、寒い時(マイナス)に暖房(プラス)を使ったり、暖かい飲み物(プラス)を飲んだり、服を余計に着込んだり(プラス)すれば、必ず願望が実現します。
その願望とは、「暖かくなりたい!」という思いです。

逆に寒い時(マイナス)に冷房(マイナス)を使ったり、冷たい飲み物(マイナス)を飲んだり、服を脱いだり(マイナス)すれば、自分の思いとは全く正反対の「体が凍える」という現象が起こります。
他にも、苦しい(マイナス)時に、その状況を喜んで(プラス)受け入れるようにすると、必ず運が発生します。
運が発生すると、苦しい時に思い描いていた願望が実現するようになります。

その他の例。
臨時収入(プラス)があった場合は、友人におごったり(マイナス)、寄付(マイナス)をしたりすることで、さらに金運が安定して良くなります。
せっかく成功(プラス)したのに、失敗してしまう人がいるのは、傲慢になったり(プラス)態度がでかくなったり(プラス)するからです
成功(プラス)した場合は、謙虚な姿勢(マイナス)になることでさらに成功が持続されます。
こんな風にプラスとマイナスを当てはめていくだけなので、とっても分かりやすいし、応用例は無限にあります。

2.完璧である

世の中には、いろんな法則みたいなものが存在しています。
しかし、どれもこれも完璧でないものが多いです。
例えば、自己啓発の類の本を読むと、こんな事が書かれていることが多いです。
「与えれば与えるほど与えられる」
本当にそうでしょうか?

きっと皆さんは、何か腑に落ちない部分があるのではないでしょうか?
実は「与えれば与えるほど与えられる」というのは、半分間違っているのです。
正しい言い方は、「自分よりも貧しい人(マイナス)に対して、与えれば与えるほど
(プラス)、さらに自分も豊かになれる」です。
自分よりも、豊かな人や幸せな人(プラス)に対して、与えれば与えるほど(プラス)
不幸になっていきます。

何故なら、自分よりも幸せな人や立場が上の人(プラス)に与えても、それはワイロや癒着のようなものになってしまうからです。
(会社の上司などにお世話になった時には、当然のことながら常識の範囲内でお礼をするのは言うまでもありません。)

3.結果がでる

世の中に溢れているプラス思考というのは、中途半端なものが多いので、実践してもなかなか望んでいる結果を得ることは難しいです。
しかし、この「ゼロの法則」は必ず結果が出るようになっています。
ただし、必ず結果が出るかわりに、実践するのは難しい面があるのも事実です。

例えば、
嫌いな人(マイナス)を好きになる(プラス)
苦しい時(マイナス)に喜ぶ(プラス)
リトスラ(マイナス)になっても、喜ぶ(プラス)
恋人と別れても(マイナス)、喜ぶ(プラス)
成功しても(プラス)、謙虚になる(マイナス)
自分の幸せ(プラス)を、他者にも分ける(マイナス)
・・・などなど。

このように、対極の思考をする事はとても難しいことなので、最初は意識して訓練する必要があります。
しかし、この対極的なプラス思考やマイナス思考ができるようになると、今までにない新しい世界を体験することができます。
(奇跡的な思考によってのみ、奇跡を体験できます)

プラス思考は願望を「実現」させるのが目的であり、マイナス思考は願望を「持続」
(または増殖)させるのが目的です。
また、「ゼロの法則」を端的に解説すると・・・、
マイナスを受け入れる(プラス)」のがプラス思考であり、
プラスを捨て去る(マイナス)」のがマイナス思考になります。

現在新サイトオープン半額キャンペーン実施中です!
月500円(年6000円の前払い)で1000本以上の記事が読み放題!
1ヵ月月250円(年3000円の前払い)


ネット会員に+1000円(年7000円の前払い)するだけで、1年間メール相談が無料となります。
1ヵ月291円(年3500円の前払い)


月333円(年4000円の前払い)で、1年間メール相談が無料となります。
1ヵ月166円(年2000円の前払い)


ページ上部へ戻る