0221.思考と環境は、”必ず一致”する

今日は前回の続きをお話したいと思います。
願望実現の為に、熱心にイメージングありがとうの連呼をしている人も多いようですね。
(メンバーの方にはほとんどいないと思いますが。)

イメージングアファメーションありがとうの連呼などは、単なるテクニックに過ぎません。

例えば、株の売買でお話しますと。
株の分析には、二つの方法があります。
一つ目は、テクニカル分析。
二つ目は、ファンダメンタルズ分析。

テクニカル分析というのは、チャートなどの過去の値動きを重要視したものです。
一方のファンダメンタルズ分析というのは、会社の中身を重要視したものです。

テクニカル分析というのは、会社の中身に関係なく、過去の値動きだけに着目したものです。
短期売買でよく使われる手法ですが、テクニカル分析が流行っている理由は、「目先の利益」を得る為の分析には好都合だからです。

一方のファンダメンタルズ分析の場合は、長期的視点にたって会社の”中身”を調べて投資します。
人間ですから、やっぱり「直ぐに利益が得られる」ほうがいいに決まっています。

私の今の投資法は、完全にファンダメンタルズ分析がメインです。
(ウォーレン・バフェット氏も同じです)

もう何を言いたいのかおわかりだと思います。
巷で流行っている願望実現の
イメージング
アファメーション
ありがとうの連呼
などは全て、「目先の利益(願望)」だけを目的にしたものです。

株の売買で言えば、テクニカル分析と全く同じです。
しかし、願望実現で一番大事なのは、株のファンダメンタルズ分析と同じように、
「その人の中身!!!」です。
(これに異論を唱える人は誰もいないことでしょう。)

願望実現や潜在意識という言葉に踊らされている人のほとんどは、この部分には無頓着な場合が多いようです。

今回、出版される本には、私が実際に買った株の実例も出ています。
Human21(8937)という不動産株ですが、
買った2日後に2日連続でストップ高。
2ヵ月後には、2倍に急騰。
2006年新興市場値上がり率2位。
しかも、底値で買えました。

これらの事は全て、イメージングなどは一切しておりませんし、意識してありがとうの連呼などもしておりません。

皆さんの潜在意識というのは、表面だけを取り繕ってだませるような、無能なものではありません。
その人の思考を忠実に再現してくれるのが、“潜在意識”です。

その人の思考というのは、即ち“感情”です。
「その人の思考と環境は“必ず一致”します。」

どんなに素晴らしいイメージングをしたとしても、潜在意識にマイナス感情が根を張っているようでは、意味がありません。
マイナス感情の克服=願望実現

「松下幸之助氏」は、「貧乏」、「学歴がない」、「病弱」という、とてつもなく大きなマイナス感情を綺麗に克服しているからこそ、願いがドンドン叶っていくわけです。
(ようは、潜在意識の根っこにマイナス感情がほとんどない状態。)

松下幸之助氏に、「いつもどのようなイメージングをしているのですか?」
と質問したら、たぶん嘲笑されて終わりです。

皆さんの幸運を心からお祈りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今話題のイチオシ開運情報

2022-7-7

1591.開運アドバイザー第四期生募集!

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

ひたすら数を数えるだけ!
心が落ち着き平常心になれる!
ページ上部へ戻る