0595.掃除も瞑想と同じ効果がある?

皆さん、こんにちは。

気持ちがイライラしたり、
不安感情に襲われたり、
モヤモヤしたり、
ワクワクし過ぎたり、
そのような場合、瞑想が効果的だとお話しました。

無意識を制覇しているのは、“感情”であると何度も口を酸っぱくして言っています。
何度も何度もしつこいくらい言わないと、それが人生を変える最大のポイントであるということを忘れてしまうからですね。
無意識(潜在意識)をある程度コントロールできるようになったら、その人の人生は好転に向かうことは必至です。

私がたばこを毎日意識せずにいられるのは、無意識にワクワクする感情をインプットできたからですね。
正直、これほど楽なことはないです。

例えば、
「今日は絶対に吸わないように我慢しよう」とか
「今月いっぱいだけでも吸わないように頑張ろう」とか
「1ヶ月禁煙に成功したら、お祝いに美味しいものをいっぱい食べに行こう」とか
わざわざそういうことを意識しなくても、何も考えずに「禁煙」ができてしまいます。

目の前の事に集中できなくなったら、「頑張らなくては!」、「根性を出さなくては!」という具合に思ってしまうと、非常に大きなストレスを抱えることになりますね。

何事も自然にスマートに行動できれば、大きな負荷(逆風)がないので順調に前へ進めますね。
「瞑想」は、感情のブレを“中心軸”に戻す役割りがありますので、一喜一憂し過ぎる人には最適な精神安定剤となりえます。

気温でいえば、35℃の猛暑日にエアコン(瞑想)で部屋を涼しくするのと同じです。
「ゼロの法則」というのは、バランスを保つことによって安定を作り出し、運(エネルギー)を発生させるというものです。

心が不安定な人や集中力に欠けている人は、数を数えるという単調な作業に苦労するかもしれません。
呼吸を10回数えることすら、難しい人もいると思います。
そういう人は、心が宙に舞っていて、いつも何かに心が奪われている可能性が高いです。

瞑想を始めた初期の頃は、私も100を数える間に色々な雑念が頭に浮かび、100数えるのも至難の業でした。
しかし、だんだんと慣れてくると、200回位まで数えられるようになりました。

今まで、300回、500回、1000回に挑戦したことがないので、1時間以上瞑想をするとどのような精神状態になるのかは不明です。
もしかしたら最高の幸福感が得られるかもしれませんし、逆に最高の疲労感を得られるかもしれません(笑)
興味のある人は、実践してみるといいかもしれません。

毎日仕事をしたり色んな人と接触したりすると、いつもストレスとの戦いになりますね。
「ゼロの法則」を続けていけば、自然とストレスから解放されていきますし、無意識のうちに心の平安も得られるようになります。
ただし、最初の頃はどうしても、世の中の出来事に振り回されることが多いので、そういう場合は自転車の補助輪のような役目と位置付けて、瞑想を活用してみるといいです。

瞑想をすると、確実に集中力が身につきます。
集中力が身につくと、何事も短時間で処理できて、しかも予定通りに物事を遂行することができるようになります。
予定通りに物事を遂行できれば、気持ちが乗ってくるのでやる気が出てきます。
やる気が出てくれば、何をやってもうまくいきますね。

単調でつまらない作業といえば、瞑想の他にも色々ありますね。
その代表的なものは、“掃除”かもしれませんね。
瞑想が苦手な人は、瞑想の代わりに掃除で集中力を養うといいです。

皆さんの幸運を心からお祈り申し上げます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

今話題のイチオシ開運情報

2018-7-5

1140.ネット会員募集中! 1ヵ月500円 6/30まで1000円OFF

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

スーパースターも夢じゃない!
感情をコントロールできるようになりましょう!
ページ上部へ戻る