1281.母がゼロの法則マスターになった!

こんにちは、Sです。

今日は、母がゼロの法則マスターになったお話をしようと思います。

私はまだまだ、マイナスの渦中にいる時は、ネガティブな感情でいっぱいになってしまうのですが、母は物凄い覚悟で気持ちを切り替えられるので、凄いなあと思っています。

事の経緯としては、8月末、父が会社の人からトラブルを持ちかけられてしまい、退職に追いやられるかもしれないと告げられました。
それに伴い、介護レベルが高い祖母を施設から家に呼び戻すことになると言われました。

私はちょうど、今後のキャリアと希望するお給料について思い悩んでいた時期だったこともあり、来月から私が一家の収入源になる可能性を前に、その話を聞いた当日は寝込んでしまいました…

しかし母は、ゼロの法則を駆使して、驚くほど行動的に、ポジティブに活動していました。

告発した人に感謝し、
朝は誰より早く起きて掃除をし、
祖母の不用品の整理を着々と進め、
鬼神のごとき勢いで対処していました。

母の初動はエネルギーに満ちており、
そのおかげか、3日後には、トラブルは取り下げられることになると連絡があったのです!

また、祖母の施設を引き払う作業の最中に、偶然のご縁があったらしく、今よりも好条件の別の施設に移動できることになったのです!

ゼロの法則のあまりの威力に驚きました。
そして、目の前のマイナスに飲み込まれてしまったことを恥ずかしく思いました。

母にコツを聞いたところ、下記のようなポイントを教えてもらいました。

1 期待しないこと
2 自立して自分ですること
3 人を許すこと、自分を許すこと

常識とは真逆の反応をするゲームのようなものだと言っていました。

なるほど、告発した人を許し、これから起きるであろう一切を覚悟して(夢見ず期待せず)、自分で精力的に活動できる人に、運が味方しない訳がないのです。

私は、ネガティブな性格なので、自分に自信が持てない時、過去をうじうじ後悔しそうな時は、下記のように思うことにしました。

・過去には感謝
・未来は祝福
・不幸を嫌わず愛すること

嫌な事(マイナス)を受け入れる(プラス)というゼロの法則を実行するためには、
強靭な精神力が必要だと痛感しました。

要は、ポジティブでいるための覚悟や根拠が自分の中に必要なのです。

どんな状況にも振り回されず幸せでいるために、遅刻をしない、トイレ掃除を毎日する、人に親切にする、など、毎日の行動を引き締めて、
これだけやってるからきっと大丈夫!と根拠になれるように毎日を過ごそうと思います。

100%好条件が揃っていることの方が、人生珍しいと思いますし、そろそろ嫌なことと仲良くやっていける対処法をマスターしたいものです。

今までは、人生に明るい見通しを立てられるのか、疑心暗鬼な部分がありましたが、
今回の母を見ていて、何があっても、次のプラスへのチャンスでしかないと思えるようになりました。

お母さん、良いモデルケースとなってくれてありがとう!

引き続きよろしくおねがいします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

やっぱりトイレ掃除なのか!
誰でもミラクルは起こせる!
1001.会社倒産からわずか2年で、上場企業の副社長に!Part2

記事のコメント

ページ上部へ戻る