1361.何故か学年代表の役員になる

メンバーの皆さん、こんちには。

今回は、はるか昔の出来事(苦笑)で申し訳ありませんが、小学校
のころに体験した出来事について投稿いたします。

出来事は小学校の3~4年のころにさかのぼります。

私は小学1~2年の間同じクラスの友達がいませんでした。
休み時間は、机に座ってぼ~っとしていました。
実はこれは好きでやっていて、親とかに「友達と遊ばないかん」と
いわれたときは、しぶしぶ「遊ぼう」といって仲間に入れてもらった
ことがあったのですが、やっぱり勇気がいるし、面倒だったので、や
はり1人でぼ~っとするのがとても好きでした。

3~4年生のときに、同じクラスの子で、常にいじめられている子が
いました。
その子を仮にNちゃんとします。
最初の方は、ただ横目で見ているだけでした。何故Nちゃんだけいじ
められているのかさっぱり分かりませんでした。
私の方がよっぽどいじめられる要素が豊富にあると思うのですが(
笑)とくに何も無く平穏でした。
それまでは、1人でぼ~っとしていることが大好きだったのですが、
Nちゃんと同じクラスになってから、何故だか分からないけれど、次
第にNちゃんのことが気になるようになってきました。

そして、ある日の休み時間、Nちゃんがいじめられていない時に、断
られるかもしれないという思いもあって正直怖かったのですが、勇気
を出して「一緒に遊ぼう」といって、Nちゃんを外のタイヤ遊びに誘
いました。
すると、あっさりOKしてくれたので、とても嬉しかったです。
それから、毎日遊ぶようになりました。
遊んだり話したりしていくうちに、共通の漫画が好きだったり、も
のすごく犬好きなど、共通点が多く、驚きました。
交換日記ならぬ、交換勉強なるものをするようにもなりました。

Nちゃんと友達になってから、いじめは減ったように思います。
仮にあっても、Nちゃんが怒ったら、いじめた子はすぐ去っていくだ
けで、前のようなしつこさはなくなったように思います。
(前は、Nちゃんが怒ったら、なおさらいじめる傾向にありました。

もちろん、Nちゃんと友達になったからといって私がいじめられるこ
ともありませんでした。

そして、4年生のときに、学年代表という役員のようなものがあった
のですが、各クラスから1人選出されることになりました。
何故か、何のとりえもない私が、推薦で候補に挙がってしまいまし
た。
クラスのみんなは私のことを「しっかりしている」と思っていたよ
うです。(大きな誤解をされていたようです)
クラス内投票が行われました。黒板に正の字が書かれていきました
。私の名前の下にどんどん線が引かれていき・・・候補になってしま
いました。
(何で私が??)と分からないままで、呆然としている間に、何故
かクラスメイトが動いてくれました。
私は候補者が、学年のみんなの前で演説しなければならないことす
ら知らなかったのですが、クラスメイトの1人が、「(演説の)原稿
書いてあげる」といって何も頼んでいないのに書いてくれました。
それが無かったら、演説当日何も話せなかったので、とても助かり
ました。

そして、演説当日に、もらった原稿を読み上げただけで・・・学年
代表になりました。
この出来事は、何もしていないのに、周りの人達が動いてくれたの
で、今思えば運が全てだったように思います。

今回の投稿についてのまとめです。

『1人でぼ~っとすることが好き(プラス)』×『Nちゃんに断られ
るのを覚悟で遊びに誘う(マイナス)』→『Nちゃんと友達になるこ
とができた・何故か学年代表になった(エネルギー発生)』

今回もお読みくださいまして誠にありがとうございます。
皆様の更なる幸運を心より願っております。

【次へ】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

欲を解き放つと成功できる?
一番簡単なのは仕事に没頭すること!1074.願望が叶わないのは、何かが足りないからPart2

記事のコメント

ページ上部へ戻る