0128.願望実現には、明確な「期限」が必要3

皆さん、こんばんは。

今日は、「願望実現には、明確な期限が必要」のパート3です。

お金の貸し借りでは・・・
「いやぁ、いつでもいいよ」なんて言ってお金を貸すと、本当にいつになったらそのお金が返ってくるかわからないですよね。
もしくは、「1ヶ月くらいで返してくれればいいよ」なんて言っても、1ヶ月後にお金が返ってくるかどうかも、甚だ疑問が残りますよね。

例えばハッキリ、「今月の20日(土)までには返して下さい」と言った方が、相手の頭の中にも強烈に「20日(土)」が意識されます。
お金を借りた方は、その期限を意識して、「お金を返すスケジュール」を考えますよね。
期限を設定するというのは、実は相手の為にもなることなんです。

そして、皆さんの夢や目標も、期限を設定するというのは、実は自分の為になることなんです。

さて、前回は
『“踏絵”というのは、「欲(プラス)を解き放つ(マイナス)」ことです。
すなわち、マイナス思考の極意(強力に運が発生します)がスタートします。』
という事をお話しました。

そして、
『仮にAさんの夜の過ごし方が次のようだとします。
夜19:00に帰宅。
19:00~20:00まで食事
20:00~21:00までお風呂。
21:00~22:00までテレビ。
22:00~23:00までメールや電話、趣味など。
23:00~24:00まで「空き時間」
24:00~就寝』
というお話をしました。

果たして、19:00~24:00の間に5時間も資格取得の為の時間を作り出すことができるのでしょうか?

まずは、
23:00~24:00までは「空き時間」になっているので、1時間は確保できますよね。
そして、その他にも「何かの時間を犠牲」にしなければならないですよね。

皆さんだったら何を削りますか?
意外とテレビを楽しみにしている人もいるかもしれません。
21:00~22:00までテレビ。

ドラマやバラエティーなど面白い番組もありますからね。
一日の疲れを癒すのに、テレビを見るのは息抜きになるかもしれません。
でも、ここでテレビの時間を削れば、2時間確保できますよね。

ここで、皆さんの心の中に“葛藤”が起きるんです。
「楽しみにしているテレビを見れないなんて・・・(泣)」
手帳の21:00~22:00の時間を「テレビ」から「資格の為に勉強」という具合に決めることによって、強力に運が発生します。

何故なら、テレビを見る時間(プラス)を捨てる(マイナス)ことになるからです。
「テレビと夢のどっちが大事なの?」と問われていることになります。
これが“踏絵”になるんです。

皆さんは「私は何が何でもこの夢を実現させたい!!」という強烈な思いを潜在意識に植え込むことになるのです。
「0045.強く願えば、大きな的(望み)を射る(叶える)ことができる(05年9月3日)」というお話を以前にしました。

絶対に叶えたい夢(強いプラス)というのは、それに見合うだけのマイナス(犠牲、エサなど)が必要ですよね。
美味しい一杯のラーメン(プラス)が食べたいのであれば、必ずそれに見合うだけのお金(マイナス)を用意しなければなりません。

絶対に叶えたい夢(強いプラス)=絶対に見たいテレビの時間を削る(強いマイナス)
大きな大きなエサ(マイナス)を海に放り込んだことになるのです。

小さなエサであれば、それ相応の価値のものしか手に入れることはできません。
しかし、大きなエサであれば、クジラ級の夢だって可能にしてしまいます。

仮にイメージングなどのテクニックで、「願いが叶っている自分」を強く想像したとしても、何の犠牲や努力(マイナス)も差し出してないですよね。

「欲しいモノがあるのであれば、必ず対価を支払う」
これが、自然の摂理であり、不変の法則になります。
差し出すものが明確になったら、皆さんの夢はもう“叶ったのも同然です”

オリンピックの選手にしても、ビジネスで成功している人も、皆何らかの犠牲があってこそ、成し得ているのです。

次回も、期限についてお話したいと思います。

皆さんのご活躍とご幸運を心からお祈りいたします!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

火事で全財産を失う!
凶運か?それとも強運か?
ページ上部へ戻る