0129.思いがそのまま現実となる理由Part2

今日は前回の続きをお話したいと思います。
思ったことがそのまま現実となってしまうのは、「名人」クラスだということを前に言いました。

この「名人」クラスになるには、色々と方法があります。
私がよく言う言葉に、「マイナスを受け入れる」というのがありますよね。

運を良くしたり、運命を変えたりするには、「徳を積む」ことが大事だ、という事を皆さんはどこかで聞いたことがないでしょうか?
ネットで「徳を積む」を検索してみると、たくさん出てくるので興味のある人は調べてみるといいです。

「徳を積む」というのは、簡単に言えば「マイナスを積む」ことなんです。
徳(マイナス)を積み重ねていくと、その徳がいずれ引き落とされる時が来ます。
しかも何倍にもなって、戻ってきます。

例えば私の株の場合、何かイメージトレーニングをしているわけではありません。
意識してプラス思考しているわけでもありません。
でも、「値上がりしてくれたらいいな~」っていう思いは、たいがい叶っています。

それは寄付(マイナス)などの行為によって、徳(マイナス)を積んでいることになるからです。
だからこそ、思ったことがそのまま現実となる事が多々起こるようになります。

世の中に出回っている、潜在意識の活用だとか、願望実現法などは、「自分の願いを叶える」ことだけに、スポットを当てていますよね。
自分だけの我欲に走って、周りの人へ幸を分け与えることをしなければ、得られたものはいずれ没収される可能性が高いです。

寄付をするにしても、トイレ掃除をするにしても、最初は“下心”があってもいいんです。
私も最初は下心がありましたから。

でも継続して我慢強く続けていくと、その“下心(期待)”というのがだんだんと薄れてきます。

今は、寄付という行為は、株で儲ける為でもないし、金運アップを目的にしているわけではありません。
不自由なく生活させて頂いてる感謝の表れにしか過ぎません。
また、困っている人のお役に立つのであれば、嬉しい気持ちにもなります。

謙虚な気持ちにもなれますし、ほとんど期待することもしなくなります。
期待しなくなると、ますます運が良くなってきます。
この習慣が身についてくると、プラスの連鎖が始まってくるようになります。

何でもいいから、徳(マイナス)を積む習慣を身につけておくといいです。
そうすると、「思ったことがそのまま現実となる」ことがよく起こるようになります。

徳(マイナス)がある一定の量に達すると、必ず引き落とされる時が来ます。
それが、皆さんの願いが叶う時でもあります。

お金が欲しいのであれば、自らお金の徳(マイナス)を積む。
愛情が欲しいのであれば、自ら愛情の徳(マイナス)を積む。

これは私の株の取引で実証済みです。
(結果が数字で出るので、とても分かり易いです。)
小さな損(マイナス)を積み重ねていくと、含み益がどんどん増えます。
しかし、小さな利益(プラス)を積み重ねていくと、含み損がどんどん増えます。

「思ったことがそのまま現実となる」・・・こんな楽な事はないですよね。
できれば、皆さんには、苦労して幸せになってもらいたいとは思いません。
苦労なく楽に幸せになってもらいたいです。

小さな徳(マイナス)を積むのは、それほど苦にならないですよね。

確かに、誰でも目先のマイナスは避けて通りたいものです。
昔の私も、まさにその通りの人生を歩んでいました。
でも、結果は借金、病気など苦労の多い人生でした。

しかし、目先のマイナスを“拾い続ける”ようにすると・・・
あ~ら不思議!
人生ってこんなにも変わってしまうものなの?
といった感じです。

皆さんには、早く開運の「名人」になってもらいたいです。

皆様のご活躍とご幸運を心からお祈りいたします!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

今話題のイチオシ開運情報

2020-7-26

1374.劇的に人生を変える「ゼロの法則」1Dayセミナー

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

下心があってもいいんですよ!
イメージングも必要なし!
ページ上部へ戻る