0138.壊れたモノがあると、金運は悪くなる

皆さん、こんばんは。

お金について悩まれている人もいるので、今日は金運アップについてお話したいと思います。

このサイトを見て、金運が良くなりそうな事を、実践している人は多いと思います。
そして、ほとんどの人は金運が良くなったことと思います。

問題は、その差ですよね。
凄く金運が良くなった人もいれば、あまり実感が沸かないという人もいることでしょう。

皆さんは、給料が入ったら、真っ先に何に使いますか?
洋服、化粧品、スーツ、飲み代、デート代など、いろいろあると思います。

1万円あったら、たぶん好きなものを真っ先に買うことでしょう。

その前にちょっと!

家の中に壊れた電化製品とか、壊れた家具とかありませんか?
金運のない人は、新しいものばかりに目がいってしまい、壊れたものはそのままにしておく傾向が強いです。

家の中に壊れたものがあるにも関わらず、洋服や遊び代ばかりに使ってしまうと、いつまで経っても金運は良くならないです。
プリンターが壊れた、エアコンが壊れた、パソコンが故障した・・・。

余ったお金(おこづかいなど)があるのであれば、まずはエアコンなどを修理するのがいいです。

物事には必ず基本があります。
家を建てるにも、土台や柱がしっかりしていないと、いつまでたっても不安定なままです。
スポーツをするにも、基礎体力がないと、最後まで戦うエネルギーがないので試合に負けてしまいます。

家の中に壊れたものがあると、そこから金運が逃げてしまいます。
特に、”数年前”からエアコンが壊れたままだとか、ほったらかしにしていると、ますます金運が悪くなってしまいます。

マイナス感情は、マイナスの出来事を引き寄せる・・・といつも言ってますよね。
壊れたモノ(マイナス)は、金運(プラス)を遠ざけてしまいます。

金運の悪い人は、家の中にある壊れたモノをリストアップしてノートに書いてみるといいです。
壊れた時計、欠けたコーヒーカップ、割れた花瓶、ヒビの入った窓ガラス・・・。
たぶん金運の悪い人は、いっぱいリストアップされるのではないでしょうか。

いっぺんに買い換えるのは大変だと思うので、毎月給料が入ったら、リストアップの中からいくつか選んで買うようにするといいです。
洋服、旅行、趣味などに、お金を使いたい気持ちはわかります。
気分も一新されて、晴れやかな気持ちにもなりますよね。
しかし、その晴れやかな気持ちも長続きしないことは、皆さんご存知だと思います。

家の外観を綺麗に仕上げる方が、もちろん気分はいいです。
柱や土台を頑丈にしても、目に見える変化はないので、つまらないかもしれません。

でも、これ、凄~~く大事です。
トイレ掃除に匹敵するくらい大事なことです。
「故障しているけど、もうプリンターは使わないから」と言う人もいるかもしれませんね。

でも、
使わないのなら、捨てる!!
使うかもしれないのなら、修理する!!
どちらかを選択する方が得策です。
トイレ掃除もしている、寄付もしている・・・だけどあまり金運は良くない。

そういう人は、何年も故障したままのモノを家に置いてないかチェックしてみるといいです。
柱を固めていくと、よっぽどの事がない限り、急な出費に遭遇することはなくなるはずです。

運の悪い人は、外観(見栄え)ばかりにこだわります。
運の良い人は、柱(見えない所)にも気を配ります。

給料が入ったら、必ず“一つ”は、家の中にある壊れたモノを修理(もしくは買い換える)する習慣を身につけるといいです。
直ぐに効果が出なくても、徐々に効果を確認することができるようになると思いますよ。

次回も、金運アップについてお話したいと思います。

皆さんのご活躍とご幸運を心からお祈りいたします!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

マイナスはチャンス!
思い込みの力って大事ですね!
ページ上部へ戻る