0260.良い事も悪い事も、7倍に戻ってくる

先日、また女性自身の記者F氏とお話しまして(今回は電話でのお話です)、
8月14日発売の雑誌にまた記事が掲載される予定です。
今回は、合併号ということで、パズルがあるみたいです。

そのパズルに埋めていく言葉の全てが「縁起のいい言葉」ばかりを集めたものです。
「ありがとう」とか、「ツイてる」とか、「商売繁盛」とか、「ラッキー」とか・・・。
そういう言葉を口癖のように言うと、どんな効果があるのか?
という事をもっともらしく解説してくれませんか?(笑)ということでした。

まさか、また私に話を振ってくるとは思わなかったので、「また、私で宜しいんでしょうか」と言ったら、「また、お願いします」との事でした。
そろそろツキが途切れるかなって思っていたのに、なかなかしぶといです。

さて、今日は「女性自身」3ヶ月連続出場記念^^;として、特別に面白い話をしたいと思います。
この話も、たぶん初耳の話だと思います。

プラス思考する時のエネルギー源として、心の中に留めておいてもらいたいと思います。

上記の縁起のいい言葉に、「ラッキー」というのがありましたね。
「ラッキー」といえば、皆さんはどの数字を思い浮かべますか?
たぶん、“7”と答える人が圧倒的に多いことでしょう。
ラッキー7、七福神、北斗七星、世界7大不思議・・・。

運の世界では、7というのは、とても大事な数字になります。
何故なら、運(エネルギー)が発生すると、7倍に膨らむからです。
前回の記事「0259.マイナスは素のままに感じる方がいい(07年7月28日)」では、
『マイナス1の出来事であれば、プラス思考したとしても、せいぜい+7(臨時収入程度)の事が起こるくらいです。
しかし、マイナス30の出来事であれば、プラス思考すれば、+210(凄いビッグな事!)の出来事が起こります。』

この記事で、何故7倍という数字が出てきたのか素朴な疑問を抱いていた人もいるかもしれませんね。
そうです、運が発生すると、失った価値の7倍が戻ってくるのです!
ですから、1万失うと、7万戻ってくるし。
10万失うと、70万戻ってきます。

また、悪い事をすると、7倍のカルマがその人を苦しめるようになります。
良い事も悪い事も、全て7倍になって跳ね返ってきます。

トランポリンで上まで高く飛ぶ(プラス)為には、トランポリンのゴムの収縮を利用して、ゴムが下(マイナス)に伸びることで、実現することができます。
ゴムが下(マイナス)に伸びなければ、堅い板の上で飛んでいるようなものですから、高く飛べない事は想像できる事と思います。

さて、この7倍という数字、どこから弾き出したのか、皆さん不思議ですよね。
私は初期の頃、このゼロの法則を利用するにあたり、まずは人間関係と“パチンコ”でその効果を試してみました。

パチンコの場合は、プラス思考・マイナス思考や寄付など色々実践しました。
特に、パチンコに行く前には、コンビニに立ち寄り募金箱にお金を入れたり、ユニセフに寄付したりしていました。
それとなく利益を計算してみると、寄付した金額のだいたい7倍儲かっています。
それに気づいてからは、常に7倍を意識していましたが、7倍を意識しているうちは、絶対に7倍には戻ってきません(笑)
(欲があるうちは、願いは叶わないという事です。)

だからこそ、「悩みは天からの贈り物」なんです。
この「ゼロの法則」というのは、悩みを解決する・・・という概念はありません。
何故なら、悩みを解決しても、「元の状態」に戻っただけならば・・・、
【悩みを与えられた意味が全くないからです。】

トランポリンのように、高く上(プラス)まで飛びたいって思うから、下(マイナス)に伸びるゴムが思いつくわけです。
それと同じで、皆さんに願望(プラス)があるからこそ、悩み(マイナス)が与えられるわけです。
(悩みというのは、高く飛ぶ為の踏み台になるわけです。)

この話は長くなりそうですね。
機会がありましたら、またお話したいと思います。

皆さんの幸運を心からお祈りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

やっぱりトイレ掃除なのか!
誰でもミラクルは起こせる!
1001.会社倒産からわずか2年で、上場企業の副社長に!Part2

記事のコメント

ページ上部へ戻る