0288.感情が揺れ動いた時、人生は変わる

10月に入って、日が短くなるのがだんだんと早くなってきましたね。

今日はとても大事な話をしたいと思います。
【印刷して手元に置いておくことをお勧めします。】

何故なら、トイレ掃除をしようが、寄付をしようが、神社にお参りしようが、お墓参りをしようが、困っている人を助けようが、感情が穏やかであろうが、プラス思考をしようが、この“前提”がなくては、大きな効果を期待できないからです。

人よりも徳を積んだり、善い行いをしているのですから、やはりそれに見合った結果を得たいものですよね。

『なぜトイレの蓋をするだけで9割の人はお金持になれるのか』という本を出してから、たくさんの人からメールを頂きました。
その中には、「トイレ掃除をしても効果がないのですけど、どうしてでしょうか?」といった内容のメールを頂くこともあります。

幸せになる為には、「これさえやれば、絶対に大丈夫!」というものはありません。
トイレ掃除などが流行ったりすると、「トイレ掃除だけやれば、大丈夫」という気持ちが芽生えます。

これは、とても危険です。
このサイトでも、「運が一番大事」、「考え方がその人の人生を決める」と唱えています。
しかし、運を良くしていくには、日頃の行いや努力も影響してきます。

決して運に頼っているわけではありません。
また、考え方がその人の人生を決めるほど大事なことではありますが、やはりその考え方が行動となって現れた時に大きな効果を発揮します。

さて、本題はこれからです。
このサイトでは、「寄付をすると金運が良くなる」と言ってます。
しかし私は、「○○の団体に寄付するといいですよ」という具合に、具体的な援助先などは一切言ってません。

それは、各個人によって、「助けてあげたい!」という気持ちが揺れ動く対象がまちまちだからです。
ある人は、目の見えない人に対して「援助したい」って思い、盲導犬の育成などに寄付をするかもしれません。
ある人は、環境破壊がどんどん進んでいく現状に対して、「なんとか自然を守りたい」って思い、環境保護などに寄付をするかもしれません。

一番大事なことは、皆さんの“感情が刺激”されることです。
だから、私がユニセフやフォスタープラン協会に寄付(現在は一時中断)をしていても、それを他の人に勧めたからといって、皆さんも同じ効果が得られるとは限らないのです。

私が、たまたま通ったお寺で水子地蔵に手を合わせてご利益があったからといって、皆さんが真似をしても同じ効果があるとは限りません。
結果を期待してやるのか、それとも感情が刺激されてやっているかの違いです。

ですから、私が「なんらかのご利益を期待して」、水子地蔵に手を合わせても、全く効果がないのです。
それは、感情が揺れ動かないからです。
ご利益を期待するのは、煩悩であって決して“満たされた感情”ではありません。

もう一つお話しましょう。

トイレ掃除をする時に、ご利益を期待してもいいんです。
でも、トイレという汚い所(マイナス)を掃除する時に、汚い・嫌だというマイナス感情を抱いても、効果はとても薄いです。
やはり、「嬉しい」、「楽しい」、「有り難い」、「感謝」という気持ちで、“感情が揺れ動く”からこそ、大きな効果が期待できるわけです。

「寄付をしても効果がない」
「トイレ掃除をしても効果がない」
「人の嫌がる事を実践しているのに効果がない」
という人がいるかもしれません。
そういう人は、ぜひ感情を刺激するように努めて下さい。

人間は感情のないロボットではありません。
感情があるからこそ、生身の人間であり、また愛着も沸いてくるのです。

「この千円で恵まれない人の命が救えるといいな・・・」
「便器がピカピカになって、気持ちがいいな・・・」
「人のお役に立てて、とても嬉しいな・・・」
という具合に、感情を揺れ動くようにすると、必ず効果が出ますよ。

また、「この千円で恵まれない人の命が救えるといいな・・・」と考えている時は、決して期待や見返りなどの気持ちは起こらないですから。
だからこそ、逆に効果があるのです。

「感情」・・・、忘れてしまった人も多いと思いますので、今一度心に刻み込んでおくといいです。

皆さんの幸運を心からお祈りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

今話題のイチオシ開運情報

2018-7-5

1140.ネット会員募集中! 1ヵ月500円 6/30まで1000円OFF

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

結局何をやったらいいのか?
頭の中に電流が走ったような感覚!
ページ上部へ戻る