0396.【企画】「第2回紙に書いて宝くじを当てよう」の結果発表

今日は、【企画】「第2回紙に書いて宝くじを当てよう!」の結果を発表したいと思います。

10人に参加して頂いて、6名の方から、アンケートの回答にお答え頂きました。
いつもご協力有難うございます。

まずは、当せん金額です。
1万900円 1名
900円 1名
600円 4名

1万円の当選者が出たのは、とても嬉しいことですね。
特に、1万円当たった人は、今まで1万円以上の当せんがなかったという事なので、とても喜んでいました。

そのコメントを掲載させて頂きますね。

『ちなみに30枚バラで購入しました!
なので、1900円のプラスということですね^^
金額はさほど大きくはないものの、過去最高の1万円が当たっ
たことに大きな意味があると思っています^^
また、私としてはですが、奮発して30枚購入したのもよかっ
たのでは?と思ってます^^
実のところトイレ掃除は当選日前にチャチャッとやったのみで
、あとは普段から汚したらその都度気になるところのみキレイ
にして出るといったくらいのことしかやれていなかった為、も
し約束通りに毎日欠かさず掃除を実行出来ていれば結果はもっ
と違っていたかもしれませんがね!(苦笑)
でも、1万円というのは少なくとも自分の中では快挙です!』

そして次に、アンケートの二つ目、「宝くじ以外で、何か幸運な出来事はありましたか?」についての回答です。

「大きな出来事は思いつきませんが、家族みな健康で過ごせていることです。」

「宝くじ以外のいいことは、そうですねぇ、、小さなことな
ら色々あったと思いますが、所属しているマーケティング関連
の会社からちょっとセレブな?お食事会に呼んでいただいたり
、通っているジムのレンタル代を特別にタダにしてもたえたり
、、こちらも小さなラッキーでしたが、やはり嬉しかったです
ね☆」

「特に大きなことは思い当たりませんが、毎日楽しく過ごしています」

「特にナシ」
というアンケートを頂いております。

そして、最後に私の感想ですが・・・。

今までの企画参加者の「お金の使い道」について色々考えたりしましたが、やはり思いが弱いのではないかと、私は感じました。

地域の為や恵まれない人の為や家族の為に使うという人が大半でしたが、その使い道については、”最初に考えた時にだけ”、「思いをはせる」というものでした。

私は、9月7日から、30分という時間を設けて、毎日他者の為のお金の使い道を考えました。
楽天の三木谷浩史社長の著書『成功のコンセプト』で書いてあるように、“日々改善”という言葉を思い出したからです。

やはり、1回考えたらそれで終わり・・・というものだと、どうしても「その人の思い」というものが弱いような気がします。

そこで私は毎日、毎日ひたすら考えました。

かなり具体的に、しかも詳細に、5000万の使い道を考えてみました。
とりあえず、自分以外の人の為に使うという事で、親孝行や寄付など、かなり詳細に詰めて考えてみました。

5000万という金額は、宝くじで1億当たることを想定してのことです。

毎日30分考えるようにしてから、1週間が経つ頃には、お金の使い道を考えるのが楽しくなってきました。

それと同時にある変化が出てきました・・・。
それは、売り上げが増えてきたことです。

使い道を真剣に考えてから、わずか20日ほどしか経ってないので、因果関係を述べるのは、まだまだ時期尚早だと思います。

しばらくしてから、また2回目の結果報告をしたいと思います。

皆さんの幸運を心からお祈り申し上げます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

今話題のイチオシ開運情報

2018-7-5

1140.ネット会員募集中! 1ヵ月500円 12/31まで1000円OFF

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

あなたは運のいい人間ですか?
言い切ることも大事ですよ!
ページ上部へ戻る