0411.メモ取りと成功には関係があるPart2

今日は「メモ取りと成功には関係がある」のPart2です。
(前回のお話『清潔さと成功には関係があるPart5』から、清潔さという話からメモ取りという話へ、柱となる内容が変わりましたので、それに伴いタイトルも変更しました。)

「メモを取る」

私には今でも、ある人が熱心にメモを取っている姿が思い出されます。
それは、大阪でビルを7つほど所有している、お金持ちのMさんです。

「なぜトイレの蓋をするだけで9割の人はお金持になれるのか」の体験談に出ていただきましたし、2006年12月にも『宝くじフルマラソン』という企画に参加して頂き、東京の会場にも来て頂きました。

その会場には私も含めて10名が集まりました。
参加者からの貴重な体験談などの話を聞くこともできました。

そんな時、大阪のMさんは、熱心にメモされていたのがとても印象的でした。
その時は何も思わなかったのですが、今思えば、「人の話にじっくり耳を傾けてメモを取るんて、とても謙虚な方だな~」と思います。

私もメモ取りを始めてから、1ヶ月と10日ほど経ちました。
前回は、「エジソン」、「レオナルド・ダ・ヴィンチ」、「アインシュタイン」がメモ魔で有名だということを書きました。

興味がありましたので、いろいろ調べてみました。

すると、イトーヨーカ堂の会長・伊藤雅俊さん、ジャスコの会長・岡田卓也さんもメモ魔で有名だということがわかりました。
日本の流通業のトップとナンバー2の会長がそろって、メモ魔だったというのは、なんだか偶然じゃないような気がします。

ちなみに私が最初にメモをとりだしたのは、「しなければならない事」や「うっかり忘れていて、急用ではないけど処理しなければならない事」などを、思い出した時にこまめにメモするようにしました。
当然、メモした内容は、後で処理してしまえば、処理済としてペンで消していきます。

そのうち、処理案件が少なくなってくると、変わって今度は「アイデア」が沸いて出てくるようになります。
不思議なものですね。

良いアイデアは、頭の中がつまっていると、どうやらなかなか出てこないようです。

それともう一つ。

面談で私の話を熱心に、ノートに書き写す人もいます。
その人は今までの中で、一番熱心にノートに書き写した人なのですが、実際その人は今、自分が望んだ通りの幸せな人生を歩んでいるかというと・・・。

先日もその人からメールを頂いて、「仕事が辛くて、辞めてしまいたい」と愚痴をこぼしていました。

ですから、熱心にメモを取ったりノートに取ったりしたとしても、必ず次のステップをこなしていかなければならないという事です。
それが、気づき(メモした事)を「処理(行動する)」することにつきます。

そして、もう一つ大きな収穫がありました。
それは、「○○○が良くなった」ということです。
タバコをやめてもう、2年以上経ちますが、「○○○が良くなった」という変化はありませんでしたが、メモを取ることで「○○○が良くなった」という体験をしました。

やはり人間は、メンタル的な部分がとても体に影響を与えているみたいですね。
○○○というのは、「“目覚め”が良くなった」ということです。

メモを取るようになってからは、受動的なスタイルから、かなり能動的な生活に変わっていくので、朝起きるのが自然と楽しくなってきます。
毎日、目的意識を持って生き、常にアンテナを張っているので、その人の欲する情報がどんどん集まるようになります。

上記では、イトーヨーカ堂とジャスコの会長が偶然にも、メモ魔というお話をしました。
なんと、凄い不思議なことに、もう一人流通業のカリスマ的存在だった、ダイエーの中内功さんも、かなりのメモ魔だったということです。
常にメモは携帯し、街を歩いている時でも、メモを取っていたそうです。

しかし、中内功さんは、ダイエーがおかしくなる前から、パッタリとメモを取らなくなったようです。

それと、エジソン、レオナルド・ダ・ヴィンチ、アインシュタインがメモ魔だったということを書きましたが、あの万有引力を発見した「ニュートン」もメモ魔だったらしいです。

ひょっとすると、メモを取る習慣を身につけると、皆さんも天才になれるかもしれませんよ(笑)
ひょっとしたらこれは、凄い法則かもしれませんね。

皆さんの幸運を心からお祈り申し上げます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今話題のイチオシ開運情報

2021-10-29

1514.「バランスの開運blog」がスタートします

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

高額当選が出る宝くじ売り場紹介!
年末ジャンボ宝くじ当たるかも!

記事のコメント

ページ上部へ戻る