0546.”旬”を掴んだ者が、幸せになれる!

皆さん、こんにちは。

前回は、「運気の流れは、タイミングでわかる!」というお話をさせて頂きました。
本当、運のいい人は、同じ事をするにしても非常にタイミングがいいです。

その顕著なものとしては、株の売買などがあります。
例えば、「この不景気なのに、ユニクロのお店は繁盛しているな。これからも、どんどん会社が伸びていきそうだから、株でも買おうか。」と思ったとします。
Aさんは、すぐに株を購入して時価1000円で買ったとします。
その後、株価はグングン上昇して2万円以上まで急騰したとします。
Bさんは、株価が急騰するのを見て、「みんなユニクロの将来性に確信を持っているから、こんなに値上がりするんだ。今買わないと乗り遅れてしまうかもしれない。」と思い、直ぐに時価2万円で買いました。

Aさんは1000円で購入し、Bさんは2万円で購入しました。
しかも、同じ会社の株なのに、全く違う値段になっています。

その後ユニクロの株価は、急騰した反動で2万円から1万円に大幅に値下がりして、その後も1万円近辺をずっとウロウロしていたとします。
Aさんは、持ち株の値段が10倍になり、Bさんは逆に半値になってしまいました。

同じ株(ユニクロ)を買うにしても、タイミングの差だけで、天と地ほどの違いが出てしまいます。

いくら凄い美人の女性でも、70、80歳のおばあちゃんになってしまったら、周りからチヤホヤされることはなくなってしまいます。
凄く活きがよくて美味しそうな刺身でも、1晩テーブルの上に置いたら、翌日にはもう食べたいとも思わなくなります。
物事には、必ず“旬”というものがあります。
女性の場合は、結婚適齢期というのも旬のうちの一つにあげられるかもしれません。
刺身の場合は、買ってきたその日に食べてしまうのが旬なのかもしれません。

これらの事を皆さんの開運に結び付けて、日々の生活にいかすにはどうしたら良いのでしょうか?

“旬(タイミング)”を掴む!

“旬”っていうのは、どうやって見分ければいいのでしょうか?
旬っていうのは、今目の前にある出来事をいいます。
特に“感情”が揺さぶられるような事は、全てです。

例えば、母親に「部屋が汚いから、綺麗に掃除しなさい。本当に、あなたはだらしがないわね!」と言われたとします。
そして、「うるさいな~。そのうち暇ができたらやろうと思っていたのに」と思ったとします。

母親に言われた当日、もしくは翌日に掃除をするのが“旬”になります。
大切なこと(部屋の掃除)を、最も適切なタイミングで実行したことになりますので、その後ミラクル(急騰直前のユニクロの株を買うなど。)が起こるようになります。

全く運のなかった35歳までの私は、大切なことをいつも先延ばしにしていたので、何をやっても上手くいかなかったのかもしれません。

母親に掃除のことで注意されると、嫌な感情になりますね。
ですから、旬というものをマイナス感情によって教えてくれています。

逆にプラスの感情によって教えてくれる“旬”というものもあります。

例えば、本屋でフッと目にした旅行雑誌を見て、「たまには、家族みんなでハワイにでも行きたいな~。」って思ったとします。
そう思った時が“旬”になりますので、近日中にハワイに行けなくても、3日以内くらいにでもハワイに行く計画を立てるのが、ベストなタイミングになります。

こうすることによって、家族みんなが参加できる(休みの都合で行けなくなったり、病気になったりという事がない。)ようになります。
また、家族みんなも、旅行に行きたい気分になっているので、本当にベストなタイミングとなります。

ですから、旬というのは、決してプラスの感情だけではありません。
マイナス感情にさせてくれるのも、旬になります。

次回、プラスの感情についてもう少し詳しく説明したいと思います。

皆さんの幸運を心からお祈り申し上げます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

今話題のイチオシ開運情報

2021-3-8

1394.開運アドバイザー第三期生募集!

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

結局何をやったらいいのか?
頭の中に電流が走ったような感覚!
ページ上部へ戻る