0686.その”セリフ”は言わない方がいい

皆さん、こんにちは。

今日も前回の続きをお話したいと思います。
このお話は今日で7回目になります。

世の中には、いろいろな自己啓発の本があります。

宗教的なものや、願望実現的なものや、成功法則的なものなど、たくさん溢れていますね。
しかし、成功するにしても願いを叶えるにしても、一番大事なことは、やはり“感情”です。

前回はこんな事をお話しました。
『しかし、「金運アップ」という我欲が常に心の中にあると、残念ながら金運アップという効果を体験することはできません。
必ずそこで、試練(マイナス)というものが与えられます。
それは、寄付をしているにも関わらず、給料が下がったりボーナスがカットされたり小遣いを減らされたりリストラされたり・・・という現象が起こることです。
そんなマイナスの時にも、今まで通り寄付を続けることができた人は、幸運の扉を開ける“カギ”を貰うことができます。
残念ながら、寄付を続けただけでは、ミラクルは起こりません。
(大多数の人は、”寄付をすればミラクルが起こる”と、大きな勘違いをしています。)』

寄付の効果について、疑念を抱いている人は、必ず私にこう言います。

「寄付を続けてきたけど、金運がアップしたとは思えない」

残念ながら、このセリフが出てくるうちは、金運がアップすることはありません。
何故なら、“寄付という行為”はしているけど、“寄付をしている心”ではないからです。

私が新聞配達をしていた頃、この「ゼロの法則」を証明するべく、ある実験をしてみました。
それが、給料3ヶ月分(約80万円)の寄付です。
(「0197.給料3ヶ月分の○○で奇跡が起きる?(06年12月30日)を参照」)

しかしながら、ミラクルが起こるどころか、翌年には、株で300万ほど損をするという、マイナスのミラクルが起こってしまいました(笑)
思わず私も天を仰いでしまいました。

80万寄付するという“行為”は賞賛に値しますが、80万寄付した時の“気持ち”は、残念ながら賞賛に値しません。
せっかく80万寄付しても、私のように株で300万損することもあります。

しかし、しかし・・・。
ここからが本当の勝負なんですね。
ここで豊かな心を持つことができれば、ミラクルを起こすことができるようになります。

でも普通の人は皆、ここで心が折れてしまいます。
「ちぇ!何がゼロの法則だよ!」
という具合にです(笑)

「困っている人に対して、金銭的に援助する」という行為は、とても尊敬に値します。
しかし、それが自身の金運アップの目的だとしたら、残念ながら尊敬には値しません。

いわゆる、下心、偽善というものですね。

“自身の金運アップ”から、“他者の幸福”に心が変わった時に、今までに経験したことのないミラクルが起こります。

しかも、必ず起こります。

「寄付を続けていますが、普通はどのくらいの期間で効果が現れるものですか?」
「トイレ掃除を続けていますが、普通はどのくらいの期間で効果が出るものですか?」
といった質問をよく受けます。

しかし、どのくらいの期間で効果が出るのは、残念ながら私にもわかりません。
一つ言えることは、“心が変わった時”です。

私は今でも、外のトイレ掃除を続けています。
しかし、以前外のトイレ掃除を続けていた人でも、今も続けているという話を聞いたことは、残念ながらありません。

効果がないから、皆脱落していくんですね。
でも、効果は必ずあります。

ただし、心が変わらないうちは、何も変わらないです。
私の場合、体の自由がきく死ぬ直前までは、ずっとトイレ掃除を続けるつもりです。
効果があろうがなかろうが、災難に見舞われようが、ずっと続けるつもりです。

ひょっとしたら、一生何のミラクルも得られないまま、死を迎えるかもしれません(笑)

それでもいいんです、世の為人の為に、何らかの形で貢献できたのですから。
またそう思えるようになったら、無欲の状態なので、ミラクルが起こるのも時間の問題となります。

皆さんの幸運を心からお祈り申し上げます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今話題のイチオシ開運情報

2021-10-6

1505.教えて!ゼロの法則掲示板

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

ひたすら数を数えるだけ!
心が落ち着き平常心になれる!
ページ上部へ戻る