0743.パソコンを買った後に、株で儲ける

今日は私の体験談、5回目となります。

前回は、こうお話しました。
『本をたくさん読んだのはとてもいい事だったのですが、その結果「たくさんのことを実践しないと、人生は変えていくことができないのか・・・」という新たな悩みの種が出てきました。
すると、最初あれほどワクワクしていた気持ちがちょっとずつ、苛立ちさえも覚えるようになりました。
しかし、ある瞬間、頭の中に電流が走ったような感覚に陥りました。
そうです、「ゼロの法則」が閃いたのです。』

「ゼロの法則」が閃いた瞬間は、興奮して夜も眠れなかったのを覚えています。
その当時、新聞配達をしていましたので、いつも夜中の11時頃に寝ていたと思います。
そして、お店には夜中の2時までに行かないといけないので、ギリギリ2時近くに起きていたと思います。

いつもは、寝不足で布団の中に入ったら、3分も経たないうちに眠れてしまいます。
しかし、その日は、興奮して全く眠れませんでした。
「凄い法則を発見した!これで、劇的に人生が変わっていくはずだ!」

そんな思いが心の中を占めていたように思います。
私は今、「ゼロの法則」を実践して13年になりますが、やはり「思考は現実化する」というのは実感しています。

「思考は現実化する」というのを、別の言葉に置き換えると、次の言葉がピッタリだと思います。

「思い込む」

または、「確信する」という言葉がピッタリくるかもしれません。

「思い込む」というのは、なんとなく意識的にそうしているような感じなので、適切な表現ではないかもしれません。
もっと適切な言葉は、「思い込んだ」というのが正解かもしれません。

“興奮して眠れなかった”くらいですから、「確信した」というレベルの思い込みであったに違いありません。

「思い込み」というのは、とても大事です。
「劇的に人生が変わっていくはず!」という思い込みは、本当に現実となりました。

何故なら、何のスキルもなくコネもなければ学歴もなく行動力もなかった私が、その3年後には、本まで出版できてしまいました。
私の人生にとって、本当に奇跡が起きてしまいました。

「ゼロの法則」を思いつくまでの間、たくさんの本を読んだりしましたが、直接的なきっかけが一つあります。

それは、「ノートパソコンを買った後に、株で儲かった」という経験です。
ノートパソコンは、その当時の金額で言うと、だいたい30万位だったと思います。

32歳から新聞配達をして、すでに2、3年経っていましたので、サラ金からの借金も完済して、ある程度の貯金もできたので、お金にも余裕があり、ノートパソコンは現金で買いました。

ノートパソコンの代金30万円を支払った(マイナス)後、不思議と株で30万円儲けること(プラス)ができました。
この時は、何も考えてなかったのですが、100冊位読んだ本の中に数多く出現してくる言葉がありました。

それが、「ピンチはチャンス」という言葉です。

本を読んでいる時は、その言葉に触れても全くピンとはきませんでした。

しかし、過去の事例でも、旅行に行った後(マイナス)に、株で儲けること(プラス)ができたのを思い出しました。
たぶん、その時に、色んな事が一つの事柄に結びつき、頭の中に電流が走ったのだと思います。

その旅行に行ったというのは、当時北海道にいる時に数年付き合っていた彼女をスキー旅行に連れて行ったことです。
初めての一泊旅行です。
私としては、大奮発です(笑)

今思えば、無意識に「ゼロの法則」を実践して、運が発生した瞬間でした。
株で儲けることができましたし、彼女の心にも変化が起きましたし、「運(エネルギー)」が発生する瞬間を身を持って体験しました。

その当時の、「ゼロの法則」の体験については、次回詳しくお話したいと思います。

皆さんの幸運を心からお祈り申し上げます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

マイナスはチャンス!
思い込みの力って大事ですね!
ページ上部へ戻る