0755.イメージングよりも精神的対価の方が大事

皆さん、こんにちは。

今回は、「ゼロの法則・恋愛編」を連載でお話していくつもりです。
そして、前回はイメージングと妄想についてご説明させて頂きました。

今回、会員様からイメージングについてのお話を頂きましたので、参考にしてもらえれば幸いです。
埼玉県の女性、Y・Hさんです。

『新しく始まった願望実現編のストーリー、そして
昨日の「イメージングをキッパリ拒否する」という衝撃的な?内容も
どちらも大変興味深く拝読しました。

と言いますのも、先日書店に寄った際に数年ぶり?に
自己啓発や開運・スピリチュアル関連コーナーをのぞいて見たのです。
(最近はどんな本が流行っているのだろう、という好奇心からです。)
案の定、数年前と変わらず並んでいた願望実現本には
Balance様もおっしゃっていたように「何はなくともイメージング!」の
重要性が解かれた内容ばかり、ある意味ガッカリしました。

それでも、「やっぱりイメージングって大事なのかも」とぼんやり考えていた今日こ
の頃
でしたので、昨日の掲示板のお話はBalance様に「ちょっと、待った!」と
タイミングよく止められた思いでした(笑

自分の過去を振り返ってみたのですが、確かにものすごくイメージングに
力を入れていた頃を思い出しても、ひとつも現実になった事象はありません。
逆に全く夢にも思わなかったことが、その時は嫌だと思っても
今は感謝でいっぱいになるほど幸せな現実になっていることが
圧倒的に多いと気付きました。

たとえば、子供の頃から好きだった分野で仕事をしている。
(好きなことが仕事なのですから、これだけでも幸運な人生です)
田舎暮らしは嫌でしたが、義両親に立派な家を建てていただいた。
子供のいる人生を想像したことがなかったのですが、2人の元気な子供に恵まれた。
車を持つ人生も考えたこともなかったのですが、今は運転が楽しくてしかたがない。
などなど…どれも考えてみるとイメージしたことがなかったことばかりです。

そう思うと、やはりイメージングって願望実現と関係ないのだと納得できます。
月曜の復習ポイントにもありましたが、やはり「対価を払う」ことが大事なのだと
思いました。上の幸運な出来事にも自分なりに精神的、肉体的、物理的に対価を
払ったのは確かです。やはりラクして願望が叶うことはないのですね。

また別件ですが、ここ2年ほどの金運の低迷は、明らかに毎日やっていたトイレ掃除

パタリとやめてしまったことが原因のような気がしてきました。
どうも、それしか思い当たらないのです。ですので復活してみようと思います。)』

個人のお話は説得力があるので、本人の了解のもとご紹介させて頂きました。

イメージングを全否定しているわけでは決してありません。
ただ、願望実現を達成するのに、あまりにもイメージングに比重を置いている人が多いので、注意を促すためのものです。
恋愛についても、全く同じで、イメージングで理想の人を引き寄せられるほど、世の中は甘いものではありません。

上記のY・Hさんは、願望達成に“精神的”、“肉体的”、“物理的”に対価を支払ったと言います。

ここで着目してもらいたいのは、“精神的対価”です。

ゼロの法則は、まさに“精神的対価”を支払うことで願望が達成されるという教えでもあります。
この“精神的対価”というのは、苦しみ、辛さ、悲しみなどマイナス感情をたくさん経験することにあります。

恋愛においても、精神的対価を支払う用意ができていれば、理想の人を引き寄せるのは、不可能なことではありません。

ですから、“妄想”していることが、果たして対価となりうるのか?
この質問に対して、ハッキリYESと答えられるのであれば問題ありませんが、ほとんどの人は、きっとNOと答えることでしょう。

「妄想」ではなく、「欲を解き放つ」ことで、恋愛運を飛躍的にアップさせることができます。
「欲を解き放つ」というのはある意味、我慢や辛抱の世界です。

しかし、「欲を解き放つ」ことによって、願望が叶うということを前もって知っていれば、それは我慢や辛抱ではなく、喜びとなります。

続きはまた次回お話致します。

今回貴重なお話を頂いた、Y・Hさんには心から感謝申し上げます。
いつも有難うございます。

皆さんの幸運を心からお祈りの申し上げます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

今話題のイチオシ開運情報

2020-7-26

1374.劇的に人生を変える「ゼロの法則」1Dayセミナー

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

期限、設定していますか?
本当にやりたい事に集中!
ページ上部へ戻る