0915.表層意識と深層意識についてPart3

皆さん、こんにちは。

記事のアップが遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

今日も前回の続きをお話したいと思います。

前回はこんな事をお話しました。
『「引き寄せの法則」というのは、良い出来事を引き寄せるのが目的ですから、万が一マイナスの出来事を引き寄せた場合、精神的に混乱することだと思います。でも引き寄せの法則の教えどおり、マイナスの出来事から目を反らすことで、その場をしのぐわけですね。』

「引き寄せの法則」というのは、初心者が感情というものに意識するには、良い教本となるかもしれません。
しかし、あくまでもビギナー用であって、本格的なものではありません。

仮にどんなに小さな出来事でも、目先の願望がどんどん叶えば、とても嬉しいものです。
「運が良くなったな」と実感することができますからね。

何事もそうですが、やはりある程度の結果が伴わなければ、一つのことを継続していくことはとても難しいです。

特に私のように、すぐに見返りを求めるような人間にとっては、「アメとムチ」のアメがなければ、すぐにあきらめてしまいます。

「引き寄せの法則」では、目先の願望がよく叶います。
だからこそ、「引き寄せの法則」というのは、人気があり話題になっていますね。

しかし、その目先の願望に気をとられてしまって、本命の願望が叶っていないことに気づいている人は、少数派です。
また、目先の願望がよく叶うので、本命の願望もいつかは叶うだろうと、甘い期待をしてしまいます。

しかし、残念ながら本命の願望が叶う日はこないことでしょう。

「ゼロの法則」は、表層意識ではなく、深層意識に働きかけるので本命の願望が叶うようになります。

もちろん、表層意識での心地良さを保てば、目先の願望がよく叶うようになるので、ついその法則を信じてしまいがちになりますね。

「ゼロの法則」は、どちらかというと目先の願望を捨てて、本命の願望を手に入れるというスタイルです。
ですから、願望が叶うまでの期間が多少あるので、
「つまらない」、
「願望が叶わない」、
「なかなか結果が出ない」
という具合に、短絡的に思ってしまう人もいます。

しかし、私の場合は、「ゼロの法則」を実践し始めた頃は、
目先の願望もどんどん叶い、
さらに本命の願望も叶う。
という信じられない結果になりました。

「引き寄せの法則」に飽きて、こちらの「ゼロの法則」に関心を示してくれた人もいっぱいいます。
目先の願望も叶って、本命の願望も叶うなんて、ちょっと嘘くさいですよね。

でも本当なんです。

目先の願望を叶える時に、きちんとした対価(マイナス)を支払っているので、そこでプラスマイナスゼロになります。
でも、「引き寄せの法則」の場合、対価(マイナス)を支払わずに、目先の願望が叶ってしまうので、次のステップ(本命の願望)に進むことができないのです。

「深層意識下での心地良さ」
これを体感できたら、全ての願望が叶う下地ができたともいえます。

深層意識下での心地良さを保つには、やはり“感情”がポイントになります。

その為にも、
「悩みは天からの贈り物」
「マイナスの出来事は宝物」
という思考を心の中に落としこめるかどうかにかかっています。

そして、マイナスの出来事が起こった時に、“ワクワクできるか?”
という事です。
私は15年前から「ゼロの法則」を実践しているので、マイナスの出来事が起こっても、「あぁ、宝物がきたな」という感じで、マイナス感情から喜ぶというプラスの感情に変換しました。

ですから、マイナス感情というのが、表層意識でストップして、深層意識までマイナス感情が届かないようになります。
そのかわりプラスの感情が深層意識に入ってきます。
そして、過去に蓄積されていた深層意識下にあるマイナス感情は、徐々にプラスの感情に塗り替えられるようになります。

長くなりましたので、続きはまた次回にお話します。

皆さんの幸運を心からお祈り申し上げます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

今話題のイチオシ開運情報

2018-7-5

1140.ネット会員募集中! 1ヵ月500円 12/31まで1000円OFF

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

これが開運の奥義だ!
1週間で臨時収入が連発!
ページ上部へ戻る