1118.お墓参りVS外のトイレ掃除Part7

本日も「お墓参りVS外のトイレ掃除」の続きをお話したいと思います。
今回が7回目になります。

前回は株式投資の話をしましたね。
株式投資をそれほどやりたいと思っていたわけではないのに、何となくそういう流れで買ってしまった。
たまたま買った株が、底値を捉えて、上昇しました。

やはり、「運」の力は侮れないですね。

しかも、密かに抱いていた願望が叶うような形となっています。
いずれ、「アドバイス東京」は法人化にしようかと思っていました。
その為には、資本金もいりますね。
もちろん、多少の貯えはありますので、それを資本金にしようかと思っていました。
でも、それでは足りない金額です。
システム投資したり人を雇ったりしたら、色々とお金がかかります。
いくらあっても足りません。

そんな中、お金を銀行に預けていても、増えるわけではありませんね。
でも、株式投資は一旦やめたので、再開するつもりは全くありませんでした。
でも、お金を殖やすのに、私の場合は、株式投資が手っ取り早いです。
株式投資の知識もありますし、経験もありますから。
また再開すれば儲ける自信はあります。

そんな中、心の片隅に「お金をもっと増やして法人化にしたい」という思いがあったのは事実です。
その願望が叶えられるように、誰かが導いてくれたという事ですね。
もちろん、お墓参りを熱心にしていなくても、株式投資を再開していたという可能性もあります。

しかし、今までずっと10年以上も株式投資を休んでいたわけですから、ここにきて急に18銘柄も買うというのは、尋常じゃないですよね。
しかも、底値をピタリと捉えて、その後に相場も上昇。
あまりにも出来過ぎた話ですね。

私が思うには、やはり「お墓参り」というのは、最強の開運法なのではないかと思っています。
私が身を持って実践してみました。
しかも、「無縁仏」のお参りという、一般的にはタブーとされているものです。
占い師やスピリチュアル系の人は、だいたい声を揃えて、
「無縁仏にお参りすると憑かれるから、やめなさい」
と言いますね。

一方、お寺の住職さんなどの場合は、
「無縁仏にお参りしても何ら問題はない」
と言っている人がほとんどですね。

「ゼロの法則」では、無縁仏のお参りというのは、「徳を積む」という行為の中でも、上位に位置しています。
強運になりたいのであれば、頻繁にお参りしてみる事ですね。

私は、月に8回位お参りしています。
雨の日は中止しています。
時間帯は、午前午後に関わらず、日没前なら、何時でも大丈夫です。

以前、虎ノ門オフィスにいた時には、正直とっても嫌な人が一人いたのです。
結局私が、皇居の近くに移転しましたので、離れることができました。

「ゼロの法則」では、レベル3の出来事ですね。

レベル1というのは、相手がいなくなる。
レベル2というのが、相手の態度が変わる。
レベル3というのが、自分がもっと良い場所にワープするというものですね。

その嫌な人にプラス思考しても、その人は全くいなくならないのです。
さすがに私も疲れてきましたが、結局私が違う場所に移動するという事になるとは思ってもみませんでした。

やはり、「ゼロの法則」は凄いなと、改めて思う次第です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今話題のイチオシ開運情報

2021-3-8

1394.開運アドバイザー第三期生募集!

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

両親との仲が悪い?
何をやっても上手くいかないかもね
ページ上部へ戻る