1125.運の良い人と多くの時間を過ごす

いつも記事を書く時には、最初に「皆さん、こんにちは」というのが、定番のセリフとなっていますね(笑)
ただし、次回からは、挨拶なしでいきなり本文へと入ります。

理由は、新しいサイトでは、カテゴリーなどをクリックした時に、最初の数行が紹介されます。
それを目安に「この記事を読んでみようかな」って思う人もいるかもしれませんね。
目次以外にも、記事の最初の数行だけで、記事の内容がなんとなくわかるようであれば、とても有難いですよね。
少しでも記事の内容を把握してもらいやすいように、「皆さん、こんにちは」という挨拶の言葉を省くことで、記事検索の利便性は高まると思います。

「全記事一覧」もありますし、「カテゴリー」をクリックすれば、全ての記事で最初の数行が表記されるので、おぼろげながら記事の内容を把握するには、良いと思います。
ですから、次回からは「皆さん、こんにちは」という挨拶はありませんので、「新サイトになってから、随分と不愛想になったな」とは思わないで下さいね(笑)

さて、運が良くなる方法の一つに、世間では「運の良い人と一緒にいること」とよく言われていますね。
これは、本当です。

例えば、寒い(運が悪い)時に、暖かい(運が良い)所へ行けば、簡単に体を暖めることができます。
周りに嫌いな人がたくさんいたら、自然と自分の感情もマイナスになってしまうことだと思います。
自分の意識でプラスの感情を保とうとしても、なかなかそうはいかないようです。

ですから、周りを見渡して、一番運が良いと思えるような人と、多くの時間を過ごすことが好ましいです。
そうすれば、運の良い人の考えや習慣や行動や言葉などが、自然と身についてくるようになります。

運の良い人というのは、不満を言わず、何事も前向きに対処し、感謝する気持ちを持っています。
また、周りの人への気配りもあるので、そういう人と一緒にいると、自分の心も穏やかになってきます。
人は、意識的に何かをやろうとしても、長続きせずに三日坊主で終わることがとても多いです。
意識している間っていうのは、疲れや緊張感が伴うからです。
無意識に何かをやっている状態が、一番長く続けられる方法になります。

人間は周りの人や環境に感化されやすいので、運の良い人と一緒にいると、意識ではなく無意識に、良い習慣が身についてくるようになります。
また、仮に一緒にいる人が運の良い人であっても、その人がいつまでも運の良い人であり続けるとは限りません。
さらに運が良くなっていく人もいれば、何かのきっかけで運が悪くなっていく可能性もあります。

ですから、自分では「あの人は運のいい人だ!」と思っていても、たまたま良い事が重なっただけという事もあります。
素人が、本当に運の良い人を見抜くのは難しいですが、その人が口にする言葉を注意深く観察してみるといいです。

例えば、「ついに月収が100万突破しちゃったよ!」と友人に言われたとします。
そう言われて、あなたは、「月収が100万突破するなん、凄く運のいい人だ!」って思うかもしれません。
そして、その人の習慣を真似ようとするかもしれません。

しかし、この友人は決して運が良い人ではありません。
何故なら、本当に運の良い人は自慢話はしないからです。

良い出来事(プラス)話す(プラス)ので、当然運に見放されることになります。
本当に運の良い人は、良い事(プラス)があっても、周りの人には話さない(マイナス)です。
周りの人から聞かれて求められた時に答える場合がほとんどです。

そして、自慢ばかりしてしまう人は、周りからの妬みなどのマイナス感情を持たれやすいので、いつかは、一度得た物を失う可能性が高いです。
ですから、成功してる人や幸せそうな人や運の良い人が身近にいる場合、常に奢らず謙虚な姿勢を貫いている人を参考にすると良いかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今話題のイチオシ開運情報

2022-7-7

1591.開運アドバイザー第四期生募集!

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

ひたすら数を数えるだけ!
心が落ち着き平常心になれる!
ページ上部へ戻る