1139.期待するべからず、理解にいそしむべし!

「ゼロの法則」では、好きな人に対して、あれこれ妄想してしまうと、恋愛運は大幅にダウンすると教えています。
妄想した結果、相手に振られたり、デートの誘いを断られることが頻繁に起こるようになります。
このような現象に対して、皆さんは不思議に思われるかもしれませんが、運の世界ではとても理にかなった現象なのです。

好きな人に対して、
「遊園地で一緒に楽しく遊んでいる」ところをイメージしたり、
「愛していると言われて満足している自分」を妄想したりすると、
必ずといっていいほど現実の世界で変化が現れます。
しかし、そのイメージ通りの現実が作り出されるのか?というと・・・。
答えは「NO」です。

自分の身に良い事(プラスの現象)が起こった時には、期待(プラス)し過ぎると運が離れていってしまいます。
例えば、デートに誘われた時など、いつまでもうかれているとつい期待してしまうので、逆に気を引き締める(マイナス思考)ことによって、願いを叶えることができます。
「どうせダメに決まっている」(あきらめ)
「どうせまたいつもと同じ所でしょ」(不満)
「仕事が忙しいから、またキャンセルされそう」(不安)
これらは、いずれもマイナス思考に当てはまります。
ですから「デートに誘われる(プラス)」ということに対して、期待していない(マイナス)ことになるので、“ある程度”の効果は期待できます。

しかし、マイナス感情が元となっている為、仮にその願いが叶ったとしても、一時的なものになる可能性が高いです。
「仕事が忙しいから、またキャンセルされそう」という不安が根底となっているマイナス思考よりも、相手に対する“理解”が根底にあるマイナス思考ができるようになると、皆さんの恋愛運は飛躍的にアップします。
「仕事が忙しくて疲れているだろうから、デートは来週の日曜日でもいい」という具合に、不安ではなく相手の事を理解しつつ、マイナス思考すると効果的です。

仮にあなたが逆の立場だったらどう思いますか?
「仕事が忙しいから、またキャンセルされそう」と不安やイライラのある人と、「疲れているだろうから、デートは来週の日曜日でもいい」と自分を理解してくれる人の、どちらの人と一緒にいたいと思いますか?
自分のことを気づかって理解してくれる人と一緒にいれば、心が癒されて仕事の疲れも吹き飛ぶことでしょう。
仕事の疲れが癒され、心が満たされるのであれば、毎日でもあなたと会いたくなるかもしれません。
そんな相手はもう、あなたの“とりこ”になる可能性だってあります。
「相手を理解する」
というのは、人間関係を円滑に進めていく為の基本的な要素です。
ですから、「会いたい」という自分の願望を頭に思い浮かべるのではなく、「相手の気持ちを理解する」という具合に、相手の側に立って物事を考えるようにすると、恋愛運は飛躍的にアップするようになります。

自分の気持ち・・・ではなく
相手の気持ち・・・を優先する。
ということですね。
こういった事を意識的に心がけるようにするだけでも、恋愛運に限らず人間関係においても、良いものを築けるようになります。
「相手を理解する」といのは、異性に好かれる為の基本中の基本です。
自我が心の中を占めてくると、運気というのは低下していきます。
人間というのは、誰しも自分が可愛いものです。
どうしても、自分が自分が・・・という気持ちになりやすいです。
しかし、自分の気持ちばかり優先してしまうと、あなたの元から人は離れていくようになります。

続きはまた次回にお話します。

皆さんの幸運を心からお祈り申し上げます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

今話題のイチオシ開運情報

2018-6-29

1135.あなたの願望1年で叶えます!

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

イチロー選手は2度も国民栄誉賞を辞退?
成長する自分を楽しもう!
ページ上部へ戻る