1257.欲を解き放つと願望は叶うのか?Part2

本日は「欲を解き放つと願望は叶うのか」の続きをお話しします。
今回が2回目となります。

「欲を解き放つ」
「ん~、つまらない人生になりそうだな」
って皆さん思われるかもしれませんね。
でも、純真だった子供の頃って、毎日が楽しかったのではないでしょうか。

「欲を捨てる」という事は、「人生の楽しみを捨てる」という事ではありません。
「ゼロの法則」の公式に当てはめれば、
人生の楽しみ(プラス)捨てる(マイナス)」という事になるので、運(エネルギー)が発生している事になります。
ちゃんと運が発生するのですね。
キーワードは「楽しみを捨てる」という所にあるのかもしれません。

「楽しみを捨てる」なんて聞くと、「やっぱり辛い修行みたいだな」って思われるかもしれません。
でも、こんな例え話をすれば、理解してもらえるかもしれません。
Aさんは、将来ずっと働かずに食べていけるだけの経済力(プラス)を身につけたいと思っています。
そこで、なるべく生活費を節約して、余った分を貯金して、そのお金を不動産や株式などに
投資して、大きく財産を作ることを考えています。
もしくは、貯金したお金を元に起業するということも考えられます。
将来ずっと働かずに食べていけるのであれば、これほど嬉しいことはないかもしれませんね。
気の向いた時に旅行し、
気の向いた時に友人と食事をし、
気の向いた時に、ゴルフや散歩をしたり、
そういう具合に自由気ままに暮らしたいと、思っている人も多いです。

もしそんな事が可能になるのであれば、今多少の我慢をして「節約」するのであれば、全然苦しいことではないですね。
明るい未来の為ですから。
早い話、「欲を解き放つ」その先には、もっと大きな欲が待ち構えているということになります。
言葉を変えるならば、「小欲を捨てて大欲を手に入れる」ことになります。
もちろん、小欲よりも大欲の方が、魅力的ですよね。
でもほとんどの人は、日々の小欲に心が奪われてしまっています。
小欲を追いかけて、気づいた時にはもう定年。
なんてことになったら、そこから大欲を手に入れるのは至難の業となりますね。

ですから、こまめに小欲を捨てていけば、いずれ大欲を手に入れることができるようになっています。
それに気づいてほしくて、今回「欲を解き放つと願望は叶うのか?食事編」という企画を実施したわけです。
そして、この話はとても奥が深いので、さらに記事にして詳しくお話しをしようと思っています。

「欲を捨てる」というのは、食事が一番手軽にできることです。
人間の欲には、あらゆる種類があるので、本当にこの「欲を捨てる」という習慣を身につけられたら、皆さんはもう逆風の中でも着実にステップアップができる人生を歩むことができます。

ちなみに私は、
26年吸っていたたばこを禁煙して、今年で13年目に突入です。
お酒は週に一回、350mlのビール(もしくは発泡酒)を1本しか飲みません。
外で飲む場合、中ジョッキ2杯までしか飲みません。
テレビは食事の時間以外は見ません。
数えあげたら、キリがあませんが、他にも色々あります。
そして今回、この企画を実施するにあたって、一日断食というものを実践してみました。
断食というのは、やはり苦行ですね。

続きはまた次回にお話しします。
皆さんの幸運を心からお祈り申し上げます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今話題のイチオシ開運情報

2018-7-5

1140.ネット会員募集中! 1ヵ月500円 9/30まで1000円OFF

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

全く同じ仕事をしているのに!
社員はボーナス100万、私はゼロ
ページ上部へ戻る