1678.波動を高めて幸せな人生を送るには?Part6

今日は「波動を高めて幸せな人生を送るには?」というお話しです。
今回が6回目となります。

前回はこうお話ししました。
「「我欲」に意識すれば、人から奪う事ばかり考えます。
「利他」に意識すれば、人に与える事を考えるようになります。」

世の中の犯罪者というのは、基本「我欲」ばかり意識しています。
「我欲」ばかりに意識している人は、人相も悪くなってきます。

「我欲」に意識すればするほど、
他人の家に泥棒に入ったり、
他人に対して詐欺を働いたり、
何とかして、自分の利益になるようなことばかり考えてしまいます。

人間関係でも、不満のもとは、「我欲」ですよね。
「あの人は私に冷たい態度をとった」
「こうしてくれるだろうと期待していたのに、何もしてくれなかった」
そんな風に考えてしまうのも、「我欲」あってこそです。

ですから、「我欲」に意識しないようにすればいいですね。

「母強し」という言葉がありますね。
これは本当のことです。
「普段はか弱い女性であっても、母親になると子供を守る為に力強い力を発揮する」
というものです。

しかも、「子供を守る」という大きな使命があります。
自身を犠牲にしてでも、子供を守ります。
いつも子供のことを考えています。

ですから、母親は、運がいいです。
運の悪い母親なんていません。
子供を産んだだけでも、運が良くなります。
でも子供に関心がない母親は、運が悪いです。

意識できる存在があるかどうかだけでも、波動は一気に良くなったり悪くなったりもします。
「我欲」を捨てるのは無理です。
でも「他人の欲」に意識することはできます。

人間ですから、ずっと「利他」を考えるのは難しいことでしょう。
auの創業者である、稲森和夫さんは、経営を「利他の心で」と常日頃から言っています。
「我欲」を捨てて「周りの人の利益」を最優先して考えれば、経営は必ずうまくいくと断言しています。

実際、稲森さんは、京都の小さい町工場から出発して今に至ります。
ですから、稲森さんは超がつくほど、波動の高い人になります。

他人の欲に意識していくと、自身の欲にはあまり意識しなくなるようになります。
母親になると、子供にはいい服を着させて、自分の服には無頓着になることが多いですね。

対照的に男性の場合、
「お金、酒、女」
で人生を破滅に導いてしまいます。

全て欲ですね。

しかも質が悪い事に、一度手に入れると、「もっともっと」という欲がもたげてきます。
お金がたくさんできると、愛人を作るような人が多いです。
愛人を作るとお金がかかるので、結果的にお金で破滅していくことが多いです。

お酒ばかり飲んでいると、やはりお金がかかりますね。
外でお酒ばかり飲むと、他人の分まで奢ったり、女性がいたりしたら気前よく払ったり。
またお酒ばかり飲んでいると、付き合いが増えてくるので、やはり出費がかさみます。

本当、「我欲」には気をつけたいものですね。

その為にも、日頃から「利他の心」を持つよう心がけるといいです。

皆さんの幸運を心からお祈り申し上げます。

【Part7】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

子供の将来は家の中の波動で決まる?
一日一回、唱えるだけで効果あり!

記事のコメント

ページ上部へ戻る