0039.【号外・1】死産を乗り越え、悲願の赤ちゃんを出産

今日は、【号外】です。

この掲示板でも紹介した山梨県のSさん(記事番号・0007)ですが、めでたく可愛い赤ちゃんを出産し、長年の悲願を叶えることができました!!

赤ちゃんに恵まれず、長年不妊治療を続け、やっとの思いで妊娠したと思ったら死産。
そんな苦難を乗り越え、無事40歳(7月が誕生日なのでひょっとしたら41歳かも?)にして念願の夢を叶えることができました。
今週の19日(火)にSさんより携帯からのメールで連絡を受けました。

そこで3回(今日、8月13日、27日)にわたり、悲願を叶えるまでの過程をお話したいと思います。
赤ちゃんが出来なかったのは、何が原因だったのか?
そしてどんな思考をし、どんな行動をすることによって、願いが叶ったのか?

願いが叶う(出産)直前までいきながら、死産を経験。
こんな辛い思いをするからには、その原因の根の深さをある程度想像してもらえると思います。

5年、10年経っても、望みが叶わないというケースの場合、別な所に問題がある事が多いです。
皆さんの中にも、長年抱えている苦しみやどんなに頑張っても叶わない望みを持っている人がいるかもしれません。
今回お話する事は、皆さんの人生を大きく変える意味において、たくさんのヒントになるような事が隠されていますので、参考にしてもらえると嬉しいです。

私が椎間板ヘルニアという病気を若い頃に患い、病院で治療したり、コルセットを巻いたり、毎日エビのように丸くなって寝て努力しても、10年以上も改善が見られなかったのと同じように、
Sさんの場合も、自身の体が原因ではありませんでした。
(もちろん他の方に比べて、非常に生まれにくい体質であったことは確かです)

それでは一回目をスタートします。

Sさんから初めてメールを頂いたのは、今から約2年以上も前になります。
確か、2003年の2月頃だったと思います。
メールの内容は正確に覚えておりませんが、赤ちゃんができなくて悩んでいるということです。
そして潜在意識などに興味があり、私のサイトにも興味を持って頂いたようです。

ちなみに今回の出産にあたっては、イメージングなどの作業は一切おこなっていません。
不妊治療をしている人からメールを頂いたのは、初めてでしたので、私も少し戸惑いました。
しかしSさんによれば、病院のお医者さん曰く、
「こればっかり(妊娠)は、運ですからね」という事らしいです。

不妊治療で悩んでいる人も意外と多いということを知りました。

まず最初は、当然のように日々感謝するようアトバイスしたと思います。
その後、プラス思考についてはサイトでよく勉強されたようです。

Sさんの場合は、顕微受精という不妊治療らしいです。
採卵や受精を何度かトライしたようですが、なかなか望んだ結果は得られませんでした。
年齢的にも40歳近く(当時)になり、体にも大きな負担がかかるので、次から次へと何度も挑戦するというわけにもいきません。
ましてや、その度に大きな出費を伴います。

翌年の1月になって、Sさんは思い切って渋谷にご相談に来られました。
渋谷に来られる前から、私は既に問題の根が深いことを感じとっていました。
それはご主人のお母さん(義母)やご主人の兄弟の嫁との関係がかなり悪化していたからです。

いろいろと詳しい話を聞いたり、メールでのやりとりから、原因はほぼ、”義母との関係”であると思いました。
何故かというと、お腹にいた赤ちゃんが死産した頃は、義母との間に大きな距離があったからです。
その頃、義母の家とはそれほど離れていないにも関わらず、一切お互いの家を行き来するということはなかったようです。

これはどうみても異常な関係であると思います。
Sさんは思いやりが強く優しい人ですので、きっと義母の何気ない言葉に何度か傷つくうちに、完全に受け入れられない存在(義母)になっていったんだと思います。
人間っていうのは、人に対して一度悪いイメージができてしまうと、それらを払拭するのはとても難しいことです。

今までにも、私と同じような病気(ヘルニア)を患っている人から何度かご相談がありました。
私もそうであったように、重い病気を患うからには、やはりそれなりに根が深いものがあります。

私が「両親との関係は?」と尋ねると、いきなり表情が変わったり、口を閉ざしてしまったりするような人が多かったです。
その時に私は、「問題の根っこは間違いなく親子関係だな」と悟ることができます。
しかし、残念ながらそれらの人は二度と連絡が来なくなります。

それだけに、一度悪化した関係を元に戻すということは、言葉では言い表せないほどの困難さがあります。

しかし、Sさんは「赤ちゃんを授かる」という長年の強い願いの方が、勝っていました。
それと、この運の仕組みに対して、全幅の信頼をしていたことが、願いを叶える為の条件でもありました。
全幅の信頼を頂いている以上、私も限りなく100%に近い状態で応えるのが努めだと思っております。

その義母との関係を改善する前に、一つ悪い事が起こりました。
それはSさんはある教室に通っていたのですが、まだ初心者ということもあってか、周りから冷たい視線や嫌味を言われるようになりました。
「あなたのせいで、授業が先へ進まない!」、「もっと自分にあったレベルの所へいくべき!」などと言われていたそうです。

これもおかしな話で、そこの先生は「全くの初心者でも構わない」ということだったので、Sさんはそこの教室に入ったのですから・・・。

そこでプラス思考を実践していただくことにしました。
相手を理解して、相手に対してプラスのイメージを持つよう努めました。
すると、しばらくしてから、信じられない事が起こりました。

以前からとても気になっていた教室で、しかも料金がリーズナブルでしかしとても良い先生がいる教室にめぐり合うことができたのです。

この他にも、近所や知人などで、「この人、嫌だな~」って思う人が、ことごとく自分の周りからいなくなるような体験をするようになりました。

これはあきらかに、運が良くなってきた証拠です。
また、プラス思考のコツもかなりつかんだきたようなので、
妊娠するのは時間の問題だと思っておりましたが・・・

続きは、また次回にお話したいと思います。

話は変わりますが・・・
和歌山県のUさん(女性・43歳)へ
職場で嫌な事が起きたとしても、上記のSさんのように解決することができます。
そして解決するどころか、必ず宝物が与えられます。
チャンスと思って取り組めば、本当に自分が望んでいる仕事へと導いてくれます。

今与えられている”課題”を乗り越えた時、次へ進む為の”階段”が見えてくるはずです。
宝物っていうのは、姿形を変えて皆さんの目の前に現れます。
コインの裏(マイナス)をひっくり返せば表(プラス)になります。
仮に暗い夜(マイナス)が続いていたとしても、時間が経てば明るい朝(プラス)が訪れます。

自分が望んでいる教室に巡り会うのも、自分が望んでいる仕事を手に入れるのも同じ事ですので、ぜひ頑張って下さい。

他の皆さんも、あきらめずに夢を叶えて下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今話題のイチオシ開運情報

2018-7-5

1140.ネット会員募集中! 1ヵ月500円 9/30まで1000円OFF

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

厄を払うのが先決では?
熱意さえあれば変われますよ!
ページ上部へ戻る