0110.人間関係の良し悪しは、自分の心で決まる

皆さん、こんばんは。

今日はとても暖かい日でしたが、いかがお過ごしでしょうか。
今日は、ちょっと感動したメールを頂きましたので、ご紹介したいと思います。

東京のUさん(女性・36歳)で、3回目のご登場です。
「0005.妄想すると恋愛運が悪くなる(04年12月25日)」
「0058.絶対にやってはいけない!神社・仏様への願い事(05年10月8日)」

以下、Uさんから頂いたメールの一部を掲載します。

『私は両親と同居してますが、お陰様でどちらも健康で、家族同士は仲がいいです。でも最近まで両親に「感謝の気持ち」を持つ事はあまりなく、
健康で当たり前!
駅まで迎えに来てくれて当たり前!
ご飯作ってくれて当たり前!
何でも当たり前!・・・。

また面と向かって「ありがとう」なんて言うのも恥ずかしくて言えない!とも思ってました。
ところが最近「感謝」の気持ちを何に対しても持つようになってから、両親にも何かしてくれた時に自然に「ありがとう」と言ってる自分に気付きました。昔(少し前)は有得ない事でした!

先日、タクシーで家まで着いてお金を払った後、運転手さんに思わず(送ってくれて)「ありがとうございます」って言ったら、ビックリあわてて「いえいえい、 どうもありがとうございました!!」って言われました(笑)何だか「感謝の気持ち」って限りがないですね~でもそういう気持ちでいると常に平静心でいられ て、やっぱり「有難い!」です。』

感謝の気持ちって、ついつい忘れてしまいがちになりますよね。
Uさんはもともと人間関係は良い方ですが、感謝の気持ちを持つことによって、さらに周りの環境は良くなりました。

それから数日後にUさんから頂いたメールです。
(○○の部分はプライバシーの為、私の判断で消しています)

『良い事をしようと意識してるつもりはありません。けど最近「世の中ってこんないい人ばかりだったっけ?」って思う事は確かに多くなりました。
例えばついこの間の日曜日、○○を両方抱えながら新幹線で帰って来た時の事。電車の中で○○を座席の端に置こうと思ったら、一見ヤンキーっぽい(!)茶髪の学生のそばに○○が寄りかかってしまいました。

すかさず「ごめんなさい!」って言ったら「大丈夫ですかぁ?」と○○を置くのを手伝ってくれました。「(何だよ!!)ムッ!」っとされると思ってたのでビックリです。

その後、今度はホームに下りて荷物を一旦置いて、また持ち直そうとしたらそばにいた人に荷物がぶつかってしまいました。これまた即謝ったら、その人は「こちらこそごめんなさい」って、どうやら荷物のそばにいた事を謝ったようです??

また最近○○や何かで出会った人達もみんな良い方ばかりで、本当に人間関係に恵まれてます。その日だけの出逢いでも(いい方と逢ったなぁ)とつくづく思ってしまう程です。』

もう何を言いたいのか、おわかりだと思います。
良い人を引き寄せるのも、悪い人を引き寄せるのも、自分の心次第だということです。
「世の中ってこんないい人ばかりだったっけ?」っていうのは、自分の心そのものです。

私も、床屋に行ったり、タクシーに乗ったりした時(ほとんどありませんが・・・笑)には、自然と「ありがとう」と言っています。
郵便、新聞配達、宅急便などが来た場合も、その労をねぎらい自然と「ご苦労様でした」や「ありがとうございます」と言ってます。

相手の立場からすれば、私はお金を払っているお客様になりますよね。
なので、相手としては仕事として当たり前のことをやっているのに過ぎません。
でも、どんな仕事にしても、1日中働くってことは、大変だと思います。
やはり疲れも出るでしょうし、ストレスも貯まると思います。

仕事として当たり前のことをしているから、当然お客様からも「ありがとう」なんて言われることはほとんどありません。
だから、たまに「ありがとう」って言われると、凄く喜んでくれます。

相手が喜ぶと、私も幸せになれます。
幸せな気分になれば、必ず自分にも良い事が起こるようになります。

「ありがとうございます」って言葉・・・全て自分の仕事に跳ね返ってきますよ。
皆さんが、当たり前の仕事を毎日していたとしても、「ありがとうございます」って言葉をお客様から言われるようになります、本当に。

皆さんの幸運を心からお祈りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

今話題のイチオシ開運情報

2018-7-5

1140.ネット会員募集中! 1ヵ月500円 12/31まで1000円OFF

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

これが開運の奥義だ!
1週間で臨時収入が連発!
ページ上部へ戻る