0306.金持ちの家は、新陳代謝が活発!

皆さん、こんばんは。

年末ですから、何かと忙しい時期かもしれませんね。
くれぐれも体には気をつけてお過ごし下さい。

今はまだ、掃除の本を書いています。
出版社の編集長の方が、どうして掃除ネタの本を私に書かせようとしていたのか、その意味がハッキリと理解できました。
ここ最近、ずっと頭の中でモンモンとしていた、問題が解決しました。

それは、「金持ちの家は、”モノがなくて”スッキリ整理整頓されている」というものです。
どうして、モノがなくて整理整頓されていると、幸運を呼び寄せることができるのか?

最近はおかげさまで、たくさんの本を読まさせて頂いています。
こんなにたくさんの本を読むのは、8年ぶりくらいかもしれません。
自己啓発やお金に絡んだ本を読むと、本当に判で押したように、「金持ちの家は“モノがなくて”スッキリしている」という事が書いてあります。
また、本だけに限らず、周りの知り合いからの情報でも、「あそこのお店、すっごい繁盛してるよ。店内もモノがなくてスッキリしていた。」という話をたびたび聞くようになりました。

「金持ちの家は、“モノがなくて”スッキリしている」
何故なのか?どうしてなのか?そこにはどんな法則が存在しているのか?

この答えを見つけたら、きっと凄いことになりそうだなって思いました。
私の場合、その物事に関して、一本筋の通った法則性を見つけないと、納得しない性分なのです。
これが幸いして「ゼロの法則」も知ることができたので、良いことだとは思います。

「何故、トイレ掃除をすると金運が良くなるのか?」
「何故、靴がピカピカな人は出世するのか?」
その答えについては、「臭い」という結論を導き出しましたね。

昨年の9月からが「臭い消し」の出発点となり、最初は禁煙からスタートしました。
実際、「臭い消し」を実践することによって、かなり運が良くなったのを実感しています。

さて、問題となる核心の部分に触れます。
「なぜ、金持ちの家は、“モノがなくて”スッキリしているのか?」
普通、金持ちの家は、モノがたくさんあるようなイメージを持ってしまいますよね。
しかし、実際にはその逆。

そこには、自然界の法則を応用している事がわかりました。
これについては、“自然界の法則”なので、絶対です。
夜が明けたら、朝が来る。
これも誰も変えることのできない、“自然界の法則”です。

さて、「なぜ、金持ちの家は、“モノがなくて”スッキリしているのか?」について、自然界のどんな法則が関わっているのでしょうか。
ひょっとしたら、トイレ掃除よりも、凄い効果があるかもしれません。

今まで、マメに掃除をしたけれど、特別運が良くなったとは思えない。
という人は、きっとこの法則を実行していないのかもしれません。
「0281.やっぱり、これは凄い効果があるのかも!(07年9月29日)」というお話の中では、6月から玄関掃除を全くしていないという事を書きました。

約4ヶ月もの間、全く掃除をしていないのですから、ほこりが凄かったです。
それを綺麗に掃除したら、きっと何かしら良い事が起こると思ってしまうのが人情じゃないでしょうか(笑)
しかし、実際には、何も起こりませんでした。(笑)

だからと言って、玄関の掃除や部屋の中のほこりを取り除かなくてもいいという事ではありません。
やはり、部屋の中は綺麗にしておくのがベストです。
ただ、あまり神経質に部屋の掃除をしなくてもいいのではないかと思いました。

さて、話は戻りますが、「なぜトイレの蓋をするだけで9割の人はお金持になれるのか」に体験談を書いて頂いた、ナンバーズで100万超を2回当てた女性の”ある一言”でヒントを見つけることができました。

それは、「雑誌を読み終わったら、前の号を捨てる」というものです。
この女性の部屋もスッキリしていると、ご自身で言っています。

さて、そろそろ、答えを言いましょうか(笑)
自然界の法則とは、“新陳代謝”です。
「なぜ、金持ちの家は、“モノがなくて”スッキリしているのか?」
具体的には、「必要とされてないモノは、すぐに捨てている」という事です。

もう少し具体的に言いましょうか。
「○○○○使ってないモノは、捨ててください!」
○○○○の文字、すごい気になりますよね。
気になって眠れないかもしれませんが、この話の続きは8日にしたいと思います。

これで、皆さんの運勢は飛躍的に向上すると思います!
お楽しみに。
皆さんの幸運を心からお祈り申し上げます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

まだ選択形式のアンケートをやっている?
本音を書いてもらう方法とは?
ページ上部へ戻る