0325.潜在意識をごまかせば、やる気がでる

皆さん、こんにちは。

2月に発売する本のタイトルが決まりました。
『寝る前3分のトイレ掃除を続けなさい。9割の人がお金持に変わる』です。
またトイレ掃除に関する本になってしまいましたが、トイレ掃除のやり方などについては一切触れてないです(笑)
トイレ掃除を通して、その思想を開運に取り入れていきましょうというお話がメインです。

また、後半部分では、「心のゴミ掃除」ということで、カウンセリング系のお話もしています。

正直、トイレ掃除がメインのお話ではありません。

トイレ掃除という題材をお借りして、「ゼロの法則」に結び付けてお話しています。
一般の人向けに書いている内容なので、もちろん「ゼロの法則」という言葉は出てきません。

この本で書かれている大事なポイントは、「頑張らなくてもいいんだよ。」ということです。
世の中の成功本には、「死ぬ気で頑張れ!」とか「人の倍努力しろ!」とか「大きな夢を持て!」とか、そういう類のものが多いです。
正直、頑張ろうとすること自体、ストレスとなってしまいます。

だから、頑張らないでできる掃除法が3分なのです。
本の中では、3分たったらトイレ掃除をやめて下さい、と書かれています。
3分以上続けて、頑張らないで下さいということです。

成功本などを読んで、なかなか行動に移せない人は、やはり「頑張らないと成功できないのか・・・」という具合にイメージ付けされてしまっているので、意識では頑張ろうという気持ちがあるのに、実際には無意識が邪魔をしてしまっています。

だったらその無意識に横たわる「頑張らないと成功できない」という固定観念を取り払っていけばいいのです。
「一日、たった3分でいいんだよ」って思ったら、気持ちが凄く楽になれますよね。

まずは、形はどうであれ、「潜在意識」をごまかす必要があります(笑)

いつも言っているように、焦り・不安・辛いというマイナス感情は、潜在意識に影響を与えるので、その人の行動にも悪影響となって現れます。

でも、「一日、たったの3分なら全然効果ないじゃん!」という人もいるかと思います。
確かに3分程度であれば効果は薄いかもしれませんが、継続的に続けられるという大きな利点があります。

そして、継続的に続けていると、必ず効果が出てきます。
やはり何事もそうですが、継続的に続けないと、その本当の効果というものは満喫できないです。

効果が出てくると、さらに欲が出てきて、「今度から5分にしようか」とか、「今度から排水溝も掃除しようか」という具合に変わってくるのです。

実際、潜在意識をごまかす方法は、かなり便利で重宝します。

例えば、私が原稿を書く場合。
やる気がなくても、締め切りが迫っている場合、とても焦ります。
そんな時はつい、「頑張らないといけない!」という具合に、潜在意識にプレッシャーをかけてしまいます。

プレッシャーがかかると余計、集中力が途切れて、なかなか先に進むことができません。

ですから、そんな時は「1ページ分書いたら、遊びに出かけよう」という具合に気分を切り替えて、潜在意識をごまかします。
そうすると、「たった1ページなら、楽ちんだ!」という具合に、集中力が発揮されます。

そして、集中力が発揮されると、気分が乗ってくるんです!
(ここがポイントです!)
気分が乗ってくると、「遊びにでかけよう」という気持ちがいつの間にか消えてしまいます。

ですから、トイレ掃除を3分というのも、きちんとした意味があるのです。

何事もそうですが、「行動に移す」までがなかなか大変なのですよね。
一度、動いてしまえば、意外と波に乗ってスイスイ物事をこなしていくことができます。
上手く行動に移すことができるように、潜在意識をちょっとごまかしてあげるわけです。

「頑張らないといけない」という概念を、心の中から取り除いてあげると、スムーズに物事を進めることができると思います。

皆さんの幸運を心からお祈り申し上げます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

マイナスはチャンス!
思い込みの力って大事ですね!
ページ上部へ戻る