0335.財布はお札が折り曲がらないのがいい

3月3日(月)大阪での無料相談会は、会員様へ色々な話をさせて頂いたり、また為になる話もいっぱい聞いたりもしました。
忙しい中お越し頂いて有難うございました。

ご紹介したい話もたくさんありますので、体験談の日(第1、第3土曜日)にお話したいと思います。

大阪の芸人たむらけんじさんが経営している、「炭火焼肉たむら」に実際行ってきましたので、ご報告したいと思います。

3月2日(日)夜9:00頃に行きました。

かなりの人が並んでいるだろうと予想していましたので、待ち時間が長い場合はあきらめようと思っていました。
しかし、前には6組ほどしかいませんでしたので、約30分待ちでお店に入ることができました。

お肉は、本当に美味しかったですよ。
(特選たむけんセットを注文、3000円)

さて、私が一番、興味があったのは、トイレです(笑)
トイレの中が黒い色調だったせいか、「ビックリするくらいお手洗いが綺麗!」という感じではありませんでした。

もちろん、トイレは綺麗でしたが、私の感覚では「普通」でした。

さて、今回は大阪にて8名(7組)の方と、お話をさせて頂きました。
3月3日(月)は4名(3組)、3月2日(日)は非公式で4名の方とお会いしました。

その中で、今回は大阪のMさん(47歳)をご紹介したいと思います。
「0003.集中力で望みが叶う(04年12月11日)」
で一度、ご紹介しております。

Mさんは、不動産業を営んでおり、大阪でビルを7つほど所有しております。
ビルを7つも所有していますので、もちろんかなりの資産家でありお金持ちです。

働かなくても、食べていける分だけの蓄えはあるようです。
私の著書『なぜトイレの蓋をするだけで9割の人はお金持になれるのか』にも体験記を書いて頂いております。
さて、今回、Mさんの「財布」を見せてもらいました。

凄いピカピカの財布を使っているのか?
とても興味のあるところだと思います。

何故、財布にこだわるのかというと、最近よくこんな事を質問されるからです。
「財布はどんな色や柄がいいですかね?」とか
「やっぱり、3年くらいで定期的に取り替えた方がいいでしょうかね?」とか
「財布の中に小銭を入れてパンパンにしない方がいいですか?」とか

私も最近、財布を買い換えようかと思っていましたので、色々と情報を収集中です。
私の財布は7年以上使っているのですが、特にボロボロでもないですし汚れてもいないので、買い換える必要はないのですが、“買い換えなければならない理由”ができてしまったので、新しいのを購入しようかと思っています。

財布というのも金運に影響していると思いますので、いろいろ研究してから買おうかと思います。

今は二つ折りの財布を使っていますが、今度買うのは、“長財布が絶対条件です”

さて、Mさんの財布ですが、私のよりもかなり使い古した二つ折りの財布です。
Mさんに、財布についてのこだわりが何かあるのか聞いてみたいところ、「全くこだわりはない」という答えでした。
ただ、「3年で買い換えた方がいいと、よく聞くのでそろそろ買い換えようか考え中です」ということでした。

長財布についてですが、どうして絶対条件なのでしょうか?

それは、物を大切に扱うのと同じように、お金も大切に扱うという観点からです。
二つ折りの財布だと、どうしてもお札が曲がってしまいますよね。
お札が窮屈になってしまうので、お金を呼び込む力が弱くなるというのが私の考えです。

それと、例えば誰かにお金を差し出す時に、二つに折れ曲がったお札を渡された人の気分はどうなのか?って考えた時に、ちょっと微妙ですよね。
中には、二つ折りにされたお札を受け取って、気分を害する人もいるかもしれません。

相手に喜ばれるようなお札を出す為には、やはり長財布でお札を折らずに綺麗に入れておくのが、一番だと思います。

それに、私の場合も、お客さんに対してお釣りを出す場合に、二つに折れ曲がったお札を出すことは絶対にしません。
クルクルッと二つ折りになったお札を、お客さんに対して出さないという心がけがあるのであれば、普段持ち歩く財布も長財布にして、できるだけ綺麗なお札を他人にも渡す気持ちが金運を引き寄せるのではないかと思います。

財布を買い換えようかと思っている人は、長財布がいいと思います。
もう少し情報をアップする予定なので、もう少し買い換えを待ってみるのもいいかもしれません。

皆さんの幸運を心からお祈り申し上げます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

感動を得るには挫折も必要!
何が叶うのかは神が判断する?0952.願望を持つことで、感動は得ることができる

記事のコメント

ページ上部へ戻る