0347.一千万戻ってこない意味とは?(面談・鹿児島・女性43歳)

今日は、鹿児島県の会社員Tさん(女性・43歳)からのご相談についてお話したいと思います。
ちょうど東京に用事があったので、そのついでにご相談に来られたとのことでした。
遠いところからお越し頂いて有難うございます。

ご相談内容は、「大金を失った意味」について知りたいということでした。
1000万という大金を、“ある人”に貸して、結局は戻ってこないというのです。
Tさんはご結婚もされて、子供も二人いるのですが、若い頃からずっと仕事を続けてきたそうです。

仕事が忙しくてあまり構ってあげることもできずにいたので、子供がうつ病になり大変な時期もあったらしいです。

さて、1000万円というのは、大金です。
最初は数十万、数百万と何度か貸しているうちに、貸した金額が1000万~2000万にもなったようです。

信頼していた”ある人”にお金を貸したにも関わらず、お金が戻ってこないので、弁護士さんにも相談しましたが、解決策が見つからなかったようです。
先方さんには、財産となるようなものがないのですから、返済のしようがないという事でした。

弁護士さん(法律)で解決できないという事は、やはり運で解決するしかありませんね。

1000万超というお金は、自身で働いたお金であったり、へそくりであったり、親からもらったお金であったりして、いつの間にかお金が貯まっていたそうです。

夜も眠れない日が続いたりしていましたが、少しずつあきらめと受け入れる気持ちが出てくるようになったとの事です。

さて、1000万が戻ってこない意味とは?

いろいろ詳しく話を伺っていましたが、なかなかピンッと来るものはありませんでした。
しかし、Tさんのある言葉を聞いて、ハッキリとその意味がわかりました。

Tさんはこんな事を言いました。
「新しく家でも買って、3人で一緒に住もうかと、思っていた矢先・・・翌日に”ある人”は傷害容疑で逮捕されたんです。だからもう、お金が戻ってくる見込みは完全に絶たれてしまったんです。」
という事です。

3人で一緒に住むというのは、二人の子供とTさんで一緒に住むということなので、Tさんがご主人さんのことをかなり嫌っているのがわかります。
ご主人さんとの関係を聞いてみると、もう”修復不可能”という言葉でした。
というよりも、ひょっとしたら修復は可能かもしれませんが、「主人と溝を埋める気持ちには絶対にならない」という事でした。

きっと、理不尽なこととか、いろいろな事が積み重なっていくうちに、いつの間にか、大きな溝ができてしまったんだと思います。
大金が戻ってくる可能性が絶たれたわけですから、「今の家で一生、住まざるおえない状況」になったわけです。

という事は、大金を失った意味というのは、「長年、夫婦の間でできた大きな溝を修復しない限り、真の幸せは得られない」ということですね。
もちろんTさんは、直ぐには納得されない、ご様子でした。

お金を借りた方の”ある人”は、傷害で10年ほどは塀の中に入るようです。
その”ある人”は、自分の息子さんと“絶縁状態”にあるので、正直運がいい人とはいえません。
不幸な未来は、ある程度想像できてしまいます。

しかし、“絶縁状態”で運が悪くなるのは、親子関係だけではありません。
夫婦の間も、離婚せずとも“絶縁状態”が長く続けばやはり、か細い運を頼りに生きていかなければなりません。

でも、1000万という大金ではありますが、Tさんはお金を持っていただけでも幸せな事です。
何故なら、お金のない人は、何を代償にして、「夫婦の溝」の気づきを知らされるのでしょうか。

病気、事故などによって、気づきを与えられる人もいっぱいいます。

私も昔、椎間板ヘルニアという病気の痛みによって、気づきを与えられました。

Tさんには、宝くじを買うことも勧めました。
頑張って溝を埋めることができれば、大金は何らかの形で戻ってくることでしょう。
いつの日か、「あの時に1000万戻ってこなくて良かった」と思える日が来ることと思います。

その日が来たら、きっと宝くじで大当たりすることでしょう。

皆さんの幸運を心からお祈り申し上げます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今話題のイチオシ開運情報

2018-7-5

1140.ネット会員募集中! 1ヵ月500円 9/30まで1000円OFF

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

モノが少ないと幸運を呼ぶ?
雑誌を読み終えたら前の号を捨てる事!
ページ上部へ戻る