0557.悩んだら、現状維持が鉄則!

前回は「捨ててから、入るのを待つ」というお話しをさせて頂きました。
良い例では、家の中にある不必要なモノを捨ててマイナスの波動を少なくすると、良いことがたくさん起こったりしますね。

今はモノや情報が溢れかえっている時代なので、手に入れるのではなく逆に「捨てていく」作業が大事なことなのかもしれません。
仮に、皆さんの願望が叶ったとしても、その願望をどれだけ大切にして愛していけるかということも大きく問われることだと思います。

捨てる、出す、無になる、消す、水に流す・・・。

何をやってもうまくいかない時は、一度リセットしてみる。

それが一番いい方法です。

「ゼロの法則」には、
「悩んだら現状維持」という、絶対的なルールがあります。
これは、悩んでいる時というのは、気持ちがモヤモヤしていたりイライラしていたりしていて新しいことをやっても上手くはいかないので、それならば良いタイミングが訪れるまで待つというやり方です。

ですから、ゼロの法則の「苦しい時(マイナス)喜ぶ(プラス)」と同じくらいに大事なので、きちんと頭の中に入れておくといいです。
机やかばんや壁など、見えるところに貼っておくのもいいですね。

この法則は、いろんなことに応用できます。
Aの洗剤を買おうか、それともBの洗剤を買おうか・・・と悩んだのなら、今まで使っていた洗剤を買うのがベストです。
あえて危険をおかす必要はないです。

または、「どちらも買わない」という選択肢もあります。
その日は買わないで、翌日また買いに行くという方法です。
一日経てば気持ちも変わって、買いたいモノがハッキリする場合が多いです。
決めない、動かない、新しいことはしない・・・という発想ですね。

ちょっとネガティブな感じがしますが、何事に対してもポジティブ発想というのは危険ですね。
悩んでいる時は、“動”ではなく“静”が鉄則です。
悩んでいる時に動いてばかりだと、空回りばかりして疲れてしまいます。
その結果、体力が尽きて病気にもなりかねません。

それは、プールの中で必死にもがき続けて、体力が尽きてしまい溺れてしまうことと同じです。
底の深い海だと確実に溺れてしまいますね。
しかし、プールみたいな浅瀬であれば、ただ立っているだけでいいのですからね。

「悩んだら現状維持」が鉄則です。
これは肝に銘じておくといいです。
悩んだら、ついつい余計に動いてしまい、体力を消耗してしまいがちです。
夜暗くなったら、ただひたすら寝て体力が回復するのを待てばいいだけの話しなんですね。

しかしながら、大多数の人は慌ててしまって、右往左往することが多いです。
でも、メンバーの皆さんは、何も慌てることはないです。
何故なら、日々正しいこと(ゼロの法則)を実践しているのですから、毎日を堂々と構えていればいいんです。
というか、堂々としていられるんです。

私が「ゼロの法則」を飽きることもなく、10年以上続けてこられたのも、揺ぎ無い精神的な柱となってしまったからです。
仮に目の前の現実が“受け入れがたいマイナス”だったとしても、抵抗することもなくすんなりと受け入れてみるといいです。

何故なら、マイナスの後には必ずプラスが待ち構えているからです。
皆さんも、運が良くなると思われる行為を日々、実践し続けるといいです。
そうすれば、目の前でマイナスが起こっても、平然と受け入れられるような強い精神力が培われるようになります。
例えば、私の場合は「一日一便器」を休日以外は必ず実践しているので、“絶対にマイナスの事が起こるはずがない!”という強い信念を持っています。

だからこそ、目の前で大きなマイナスが起こっても、あまり抵抗せずにすんなりと受け入れることができます。
普通は逆の考え方をしますね。

毎日徳を積んでいるのに、実際にはマイナスの事が起こったらショックでしょうし、トイレ掃除の効果を疑ったりしますね。
ここが、人生の大飛躍ができるかどうかの分かれ目なんですね。
続きは次回お話ししたいと思います。

皆さんの幸運を心からお祈り申し上げます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今話題のイチオシ開運情報

2021-10-7

1506.劇的に人生を変えたい方、体験記募集します!

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

ひたすら数を数えるだけ!
心が落ち着き平常心になれる!
ページ上部へ戻る