0613.悩んだら現状維持Part3

皆さん、こんにちは。

今日も「悩んだら現状維持」という話をさせて頂きます。
「悩んだら現状維持」というのは、「悩んだらそのまま」という言葉に置き換えることもできますね。

もし、「悩んだらそのまま」ということを貫いて、
大きなチャンスを逃してしまったり、
良い出会いを逃してしまったり、
欲しいものが手に入らなかったり、
そのような事があると、とてもショックを受けますね。

「悩んだらそのまま」を貫くことによって、失敗を回避するメリットも生まれますが、逆にチャンスを逃してしまうデメリットも発生してしまいます。

前回のお話では、「悩んでいる時の決断は、感情がモヤモヤしているので、マイナスを引き寄せる可能性が高い」とお話しました。
ですから、決断を先送りするのがベストであると書きましたね。

もし大きなチャンスを逃してしまったと思われるような事があっても、私はこう考えます。
「そもそも、悩んでいる(マイナス)時に訪れたチャンスは、所詮私にとっては必要としていない事である。だから、そのチャンスは後々マイナスに変わっていく可能性が高いから、あの時の選択はベストだったと思うし、全く後悔もない。」
という具合に、すでにマイナスのシチュエーションを想定し、どのような事が起こっても気持ちを取り乱さないように、気持ちを整理しています。

普通は、何か問題が起こってから、気持ちの整理をしますね。
でも、問題が起こる前から気持ちの整理をすることはとても大事です。

世間一般的に良いと思われているのは、「願望が叶った自分をイメージ」することですね。
しかし、あまり知られていないことですが、「最悪のことを想定し、それに備えて準備(イメージ)する」ことで、非常に運の強い体質になります。

何故なら、「最悪(マイナス)の事を、受け入れている(プラス)」ことになるからですね。
タイミングの良し悪しは、人生の幸福を左右すると言っても過言ではありません。

これからの季節、コートやマフラーは冬の必需品となりますね。
しかし、コートやマフラーは“冬”だけの必需品ですね。
夏に使っても、暑くなり過ぎて不快以外の何ものでもありませんね。

「悩んだら現状維持」を貫くと、時間を有効に使うことができます。
何かの拍子でパッ!と答えが閃くことほど楽なことはないですね。
悩んでモンモンとしている時には、やはり無意識(潜在意識)におまかせするのが一番です。

無意識が一番発揮されるのは、寝ている時ですね。

ですから、

寝る直前に“熟考”して、
寝ている時に“整理”されて、
起きた時に“答え”が出て、

というプロセスを踏むのが、一番早くて一番良い答えを導き出す方法かもしれません。

こういう具合に“無意識(神様)”に、すべておまかせするのが、私にとっては一番安心します。

さて、開運百花『かなえり』(リイド社)という雑誌を、皆さんはご存知でしょうか。
12月発売の『お金と愛が手に入る50の法則Vol.2』にて、またまたトイレ掃除についての記事が掲載されています。

今回は私の方が忙しかったので、取材はお断りしました。
ですから写真の掲載もありませんし、記事も今までの本や雑誌からの引用がほとんどなので、記事の中身については迫力に欠けるかもしれません。

ここだけの話ですが、今回はボランティアで協力しているので監修料というものは頂いていません。

今回発売の『かなえり』は、ジャンボ宝くじを当てる為の総特集なので、宝くじを買う予定のある人は購入してみると宜しいかもしれません。
ただし、雑誌の広告には怪しい(笑)と思われるものがありますので、購入(開運グッズの類)は控えた方が宜しいかと思います。

皆さんの幸運を心からお祈り申し上げます。

【Part4へ】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今話題のイチオシ開運情報

2018-7-5

1140.ネット会員募集中! 1ヵ月500円 6/30まで1000円OFF

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

無意識でできるのが一番楽!
その為の方法とは?0470.潜在意識に刺激を与える方法

記事のコメント

ページ上部へ戻る