0703.緊急特別企画!Part2 金庫でお金持ちになれる?

昨日の新聞一面には、世界第3位の半導体DRAM企業のエルピーダメモリが破綻したという記事が載っていましたね。
負債総額は、4480億円だそうです。
また大手投資顧問のAIJという会社で、運用資産2000億円の損失が発覚したそうです。
加入者数が53万人もいるとのことなので、将来の年金が支払われない可能性も出てきました。

エルピーダメモリは世界で3位のシェアを握っていたにも関わらず、破綻してしまいました。
サムスンなどの韓国勢に負けたようです。
日本の企業も、何とか頑張ってもらいたいと思います。

さて、前回はこうお話しました。
「その内容は、家の中にあるマイナスの波動をクリーンにして、飛躍的に金運をアップさせようというものです。
これに関しては、思考を変換するといった難しいことをする必要は一切ありません。
ある“モノ”を購入して、それを使うだけです。」

仮に、金運が飛躍的にアップしなかったとしても、給料を現状維持できたりボーナスも満額貰えたり、仕事もリストラにならなかったりすれば、それだけでも幸福だともいえます。

家の中にあるマイナスの波動って、本当にクリーンにできるのでしょうか?

私は、5年前に『なぜトイレの蓋をするだけで9割の人はお金持になれるのか』というタイトルの本を出させて頂きました。
トイレの蓋をする理由は、ズバリ「臭い」を排除することです。
臭いとは、マイナスですね。

これに関しては、私も実際「素手のトイレ掃除」を毎日実践して、金運アップの効果は確認できています。

部屋の中の嫌なにおいというのは、鼻で嗅ぎ取ることができるので、すぐに察知することができます。
しかし、家の中にあるマイナスの波動っていうのは、臭いのほかにもたくさんありますね。

一つには、人間のマイナス感情(怒りや不安など)がありますね。
家の中で、いつもイライラしているような人がたくさんいれば、家の中はとても居心地の悪いところとなります。
また、いつも何かと心配ばかりしている人がたくさんいれば、家の中は何ともいえないような緊張感に包まれているかもしれません。

そして、もう一つはプラス感情(我欲や快楽)があります。
その我欲や快楽を象徴するモノというものがあります。
その我欲や快楽を象徴するモノに対して、蓋をするという発想が今回の企画になります。

その、モノというのは、お金ですね。
世間一般で認識されているお金に対する考え方とは、全く逆になります。

お金に対して感謝したり、
お金を好きになったり、
お金を肯定的に捉えたり、
といった事とは、全く正反対です。

お金に関する本では、だいたい「お金を好きになりお金を肯定的に捉える」といった内容のものが多いです。
ようは、お金をプラスと認識することで、お金にも好かれお金を引き寄せることができるということですね。
しかし、そうではなくて、お金をマイナスと認識してもらうのが、今回の企画です。

お金をプラスと認識するか、お金をマイナスと認識するかでは、日々の行動や習慣も全く変わってきます。

なぜお金持ちは、新札を使いたがるのか?
なぜ財布は3年で取り替えなければならないのか?
なぜお金持ちの家には、必ず○○があるのか?
これら3つの疑問が解けました。

続きはまた、次回にお話します。

皆さんの幸運を心からお祈り申し上げます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

今話題のイチオシ開運情報

2018-7-5

1140.ネット会員募集中! 1ヵ月500円 3/31まで1000円OFF

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

感情に意識した事はありますか?
それは煩悩?それとも満たされた感情?
ページ上部へ戻る