0971.恋愛成就の極意!男運を上げる婚活術Part8

本日も「恋愛成就の極意!男運を上げる婚活術」の続きをお話したいと思います。
今回で8回目となります。

今まで「マイナス思考の極意」についてお話してきましたね。
恋愛運は悪いけど、金運や人間関係や仕事運はいいという人もいます。
そういう人は、今までお話してきたことを素直に実践していけば、きっと良い人と巡り合うことができることでしょう。

しかし、恋愛運のみならず、金運や人間関係や仕事運も全て悪いという人は、ちょっと道のりは険しいかもしれません。
全体的な運が停滞している為に、恋愛運もなかなかパッと飛躍することができません。
ですから、全体運が停滞気味の人は、別なことをしていただく必要があります。

それは、「幸福感」です。

基本的に、「ゼロの法則」では、
感情が先、
現実は後、
というのがルールになっています。

どういうことかと言いますと、良い感情でいる時には、良い現実を引き寄せるというものです。
逆に悪い感情(マイナス感情)でいると、悪い現実を引き寄せるというものです。

ですから、全体運が悪い人は、マイナス感情が多い為に、なかなか幸福感になることができません。
これでは、恋愛に関しても、良い出会いに恵まれることは難しくなってきます。
ですから、「幸福感」を意識するよう努力してみて下さい。
「私は世界一幸せです。何故なら・・・。」
という具合に、先に宣言してしまうことです。

例えば、「私は世界一幸せです。何故なら、生まれてこのかた一度も病気になった事がありません。この世に中には、病気で苦しんでいる人がいっぱいいるのに、本当に私は世界一の幸せ者だと思います。」
とこんな感じです。

「世界一」と宣言するのが無理であれば、「日本一」でも構いません。
「日本一」が無理であれば、「地域で一番」とか「家族の中で一番」とか「職場の中で一番」でも結構です。
もしくは、「私は毎日優しい家族に囲まれて、とっても幸せです」と宣言しても構いません。

早い話、「幸せ探し」をすることで、本命の幸せは後からやってくるという事です。
先に幸福感を見つけた者が、幸福を手にするというものです。

でも、全体運が停滞気味の人は、幸福感を見つけることはほとんどなく、毎日不満などを口にすることが多いです。
こうなってしまうと、良い出会いに恵まれることもありません。

本来、今こうして生きているだけで、「幸せである」と思えるのが理想です。

「ないモノ」ではなく「あるモノ」を探す癖をつけていかないと、幸福というのは自分のところにはなかなか訪れてこないです。

しかも、婚活で一生懸命になっている時というのは、相手の男性に対して、「あれがない」、「これがない」という具合に、ないモノ探しばかりしてしまいがちです。

本当であれば、「幸せ探し」というのは、毎日の日課にすることが望ましいです。
朝起きた時とか、夜寝る前とか、家を出る前とか、一日一回は必ず幸福感を宣言するといいです。

これは、アファメーションとはちょっと違いますね。

現実に起こっている出来事に対して感謝するのが、「幸せ探し」であり、
未来のなりたい自分を宣言するのがアファメーションであります。

毎日を惰性で過ごしていると、ついつい「ないモノ」ばかりに目がいってしまいがちになります。
そうなると、当然のことながら、心の中はマイナス感情で満たされ、不平不満がつい口から出てしまいます。

全体運の悪い人は、初心に帰って、「幸せ探し」を心がけて下さい。

皆さんの幸運を心からお祈り申し上げます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今話題のイチオシ開運情報

2018-7-5

1140.ネット会員募集中! 1ヵ月500円 9/30まで1000円OFF

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

ひたすら数を数えるだけ!
心が落ち着き平常心になれる!
ページ上部へ戻る