1058.金庫を使い始めて5年経過

皆さん、こんにちは。

宝くじマラソン、まだ参加者募集しています。

前回、金庫の話が少しでましたね。
今回、「宝くじマラソン」の企画を考えました。

しかし、アドバイス東京では、他にも面白い企画をやっていました。
「金庫でお金もちになれるのか」
「外のトイレ掃除で金運がアップするのか」
といった企画をやらせてもらいました。

金庫の企画は、2012年の5月~2013年の4月までの1年間、参加者に実践して頂きました。
私を含め、4名の方が実践されました。

金庫は、小さい手提げ金庫になります。
値段は一つ5000円くらいのものでしたが、皆さん手提げ金庫にしました。
この企画はアドバイス東京から5000円補助しますので、それを参加者が各自好きな金庫を購入する資金にあてて下さいというものでした。
私は手提げ金庫を買いました。
約5000円くらいのものです。

約1年間、私を含め4名の方が金庫を使いましたが、あまりパッとした効果はありませんでした。
残念ながら、この企画は失敗だったのかもしれません。
しかし、5年経った今、「間違いなく金庫の効果はあるな」と、私は思うようになりました。
やはり、何事もそうですが、1年という短いサイクルではなく、もう少し3年5年と追跡調査してみないとわからないものです。
何故なら、「宝くじフルマラソン」の企画でも、確かに宝くじフルマラソン自体は失敗に終わりましたが、その後私は5冊もの本を出させて頂くことができました。
金庫については、5年間ずっと使い続けています。

金庫を使う理由は、「お金から発するマイナス波動を閉じ込める」というものです。
お金には、人間の欲や念が入り込んでいる可能性があるので、私はマイナスの波動を出していると推測していました。
そのヒントは、お金持ちの家にはお金がない、という話を知人から聞いたからでした。
また、実際お金持ちの家には、必ずといっていいほど、金庫というものがありますね。
金庫って、お金持ちの家にしかないイメージがありますね。

今、手提げ金庫の中に入っているお金を数えてみて、ビックリしました。
手提げ金庫の中には、当面の生活費だけ入れておいて、残りは全て銀行と証券会社に預けています。
当面の生活費しか入れていないはずなのに、手提げ金庫の中には100万ちょっと入っています。
驚きましたね。
雑費や小遣いや会食費や帰郷費などなど、ちりも積もって100万を超えてしまいました。
「大きな出費があったら、宝くじを買おう」と楽しみにしていたのですが、その機会が訪れることは一度もありませんでした。
大きな出費を調べてみると、2012年の12月に買った仏壇が最高の買い物となりました。
昔風のでっかい仏壇ではなく、小さめのモダン仏壇と言われているもので、6万1800円のお手頃の価格のものです。
それが一番高い買い物ですね。

病気になったり家電が壊れたりすることもないので、本当に不意の出費というものが、ほとんどありません。
驚きですね。
もちろん、倹約の効果もあると思いますが、それだけではなく間違いなく金庫の効果もあると思います。
ですから、金庫の効果は、入って来るお金を多くするのではなく、出ていくお金を少なくなる役目があるのかもしれません。
続きはまた次回にお話します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今話題のイチオシ開運情報

2018-7-5

1140.ネット会員募集中! 1ヵ月500円 6/30まで1000円OFF

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

両親との仲が悪い?
何をやっても上手くいかないかもね
ページ上部へ戻る