1092.劇的な効果が得られるのは、やっぱりプラス思考!Part7

皆さん、こんにちは。

今日は「劇的な効果が得られるのは、やっぱりプラス思考」の7回目です。

前回はこうお話しました。
『「本の出版」というのは、300万の損という出来事に対しては、一番関連性が低いかもしれません。
しかし、その人が、「○○○になれるチャンス!」と強く思えれば、実際にその通りになってしまいます。
これは、私は運がいいから特別だ、と思う人もいるかもしれませんが、運がいい悪いに関わらず、本当に強くそう思うことができれば、その通りになります。
ただし、イメージングで強く思うことと、マイナスの出来事をきっかけに強く思うことでは、全く違ってきます。』

思考は現実化する・・・というのはよく言われることですね。
しかも、イメージングによって、本当に叶ったかのように思うことができれば、その願望は必ず叶うとも世間では言いますね。

しかし、実際には、願望を叶えるのに、イメージングをする必要は全くありません。
もちろん、イメージングをしても叶う場合はありますが、それがいつまで叶えつづけられるのかは甚だ疑問です。

願望を叶える時に、一番重要なのは、やはり“感情”です。
その為にイメージングを活用するのであればOKです。
感情が先にありきです。

私が「ゼロの法則」を実践し始めた頃というのは、
潜在意識という意味もあまり知らなかったですし、
イメージングについての知識もなかったですし、
徳を積むという概念もなかったですし、
部屋を綺麗に掃除したり整理整頓をしたりもなかったですし、
トイレ掃除もしてなかったですし、
お墓参りなどの先祖供養もしなかったですし、

正直、「ゼロの法則」一本のみでの勝負でした。

マイナスの出来事があると、その都度エネルギー(運)を発生させて、小さな成功体験を積み重ねてきました。
決していきなり、本の出版があったわけではありません。

その頃、「ゼロの法則」を知ってしまったので、“マイナスの出来事を渇望”していました。
普通だったら、“マイナスの出来事を回避”するのが一般的ですね。

渇望している精神状態と、
回避している精神状態では、全く異なりますね。

正直この時点で、未来に行く道はある程度決まっていたのだと思います。
マイナスを渇望する・・・というのは、“苛められたい”というちょっと危ない精神状態とも受け取られかねないです。
しかし、何の為にマイナスを渇望するのかというと、願望実現する為の“元となる原料”を欲しがっていたわけですね。

ですから、私が新聞配達をしていた頃というのは、毎日「さぁ、何でもこい!」といった精神状態を保ったまま、仕事をしていました。
自信に満ち溢れて毎日生活していたということですね。

新聞配達をしていた頃というのは、マイナス感情を持つことは非常に少なかったです。

しかし、運の仕組みを知る前は、いつも「マイナスを避ける」のが習慣でした。
いつもマイナスを回避することばかり考えていたにも関わらず、いつもマイナスの状態でした。
これは不思議ですね。
マイナスを回避すれば、マイナスの状態にはならないはずなのに。

これはどういう事を意味しているのかというと、やはり人間の“感情”が人生を決定づけているという事になります。
「マイナスの出来事はいつ起こってもいいよ。心の準備はできてるもん。」

こんな精神状態になれたのも、「ゼロの法則」のおかげです。
長年「ゼロの法則」を実践している人でも、“マイナスを回避する”という気持ちを常に持っている人は、まだ「ゼロの法則」の初心者レベルから抜け出せない人です。

早い話、毎日不平不満や愚痴などを言っている人がそれです。

「マイナスの出来事が起こりますように!」と一度、願ってみて下さい(笑)
そこから、人生は劇的に変わり始めますよ。

皆さんの幸運を心からお祈りいたします!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

今話題のイチオシ開運情報

2018-6-29

1135.あなたの願望1年で叶えます!

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

お金って、マイナスなの?
家の中のマイナス波動をクリーンにしましょう!
ページ上部へ戻る