1127.先延ばししている事をリストアップする

運の悪い人には、必ず理由があります。

考え方、行動、口癖、生活スタイルなど、運に影響を及ぼすものはたくさんあります。
行動や生活スタイルなどを変えるきっかけになるのは、やはりその人の考え方が基本になっているので、できれば「考え方」を変えていくのが一番望ましいことです。

しかし、運の悪い人にとって、考え方を変えていくというのは、とても難しいことかもしれません。
ならば、行動や生活スタイルを変えていくことによって、思考の変換を促していくようにすれば、自ずと思考も変化していくようになります。

大きな開運効果が期待できるのは、「物事を先延ばしにしない!」ということです。

「部屋の中が汚れているけど、今度暇な時にでも掃除しよう」
「資料を作らなければならないけど、面倒くさいから来週でいいや」
というのが運の悪い人の、思考パターンです。

先延ばしになってしまう対象というのは、たいがい「マイナスの出来事」がほとんどだと思います。
何故なら、嫌な事や面倒くさい事から避けたいという心理が人間にはあるからです。
何かを先延ばしにした時に、心の中では必ずといっていいほど、マイナス感情が心の奥で点滅します。

先延ばしにしているものを紙に書いて「リストアップ」し、それを毎日実践していくといいです。
休みの日には、いつもテレビを見たり、遊んだり、ゴロゴロしたりするのではなく、「リストアップ」した事柄に取り組んでみるといいです。
リストアップしたものが一つなくなると、意外と爽快な気持ちになり、まるで汚いトイレがピカピカになったような気分にさえなります。

最初は無理せずに、休みの日に「リトスアップ」したものを一つ片付けるといいです。
慣れてきたら、それを毎日の習慣にしたり、休みの日に一気に片付けたりすれば、先延ばしにしている事がなくなってくるはずです。

「リストアップ」したものが消える頃にはもう、あなたの考え方は変わってきているはずです。
マイナス(先延ばしにしている事)から逃げずに、正面から立ち向かうことは、意外と勇気のいることです。

しかし、何事も大変なのは、最初の1歩だけです。
思考から変えていくか、行動から変えていくかは、あなたの自由です。
最初の1歩さえ、踏み出すことができれば、あとは意外と抵抗なくできている自分がいるはずです。

やはり心の中では、
「面倒くさい」
「時間がもったいない」
「遊びたい」
「今やらなくても」
「明日やろう」
「気分のいい時にやろう」
という具合に、いつも「できない理由」を探し出してきては、先延ばしにしてしまう傾向があります。

そうならない為に、一番効果的なのは、「ご褒美」を用意しておくことです。
「ゼロの法則」というのは、プラスとマイナスという両極を上手くバランスよく使うことで、その効果を絶大なものにします。

ですから、「面倒くさくて嫌なこと(マイナス)」だけを実行するから、なかなか気が乗らないのです。
「面倒くさいこと」をやり遂げた後には、ご褒美として高めのスイーツを食べるとか、レストランに食事に行くとか、一杯飲みに行くとか、ステーキを食べに行くとか・・・ワクワクすることを後に持ってくることです。
そうすることで、行動するエネルギーも湧いてきます。

もちろん、ご褒美なして、「面倒くさいこと」をできてしまう人はりっぱですが、運の悪い人は、やっぱり何かしらのリターンを用意しておいた方がいいでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

やりたいことを探す必要はない?
でも、嫌なことから逃れたい!
ページ上部へ戻る