1460.ゼロの法則体験記① 「運が発生する?」

初めまして、麦と申します。

「運が発生する・・・?」

私がこちらのサイトに興味を持ったのは、この言葉がきっかけでした。

長財布はお金が貯まる、とか、お掃除をすると運が向上する、とか、
運気アップのためのインテリア、などなど、幸運を呼び込むセオリーは沢山ある。
でもそれはあくまでも、運気を「上げるため」のもの。

運を「発生」させる・・・なんて面白そうだな、どういうことだろう?と
不思議に思った私は、サイトの記事を貪るように一気に読んだ。
すると「良いことがあった時は感謝をし、悪いことがあった場合は喜ぶ」
・・・というのが、運を発生させるポイントらしい、ということがわかってきた。

実は初めてこれを読んだ時、頭ではわかったつもりでも、到底受け入れることが出来ずにいた。
なぜなら、悪いことがあった時は、やっぱり悲しいし、落ち込む。
時には、何年も前に起ったイヤな出来事を思い出しては、怒りがこみあげてくることさえある。

それを「喜べ」なんて絶対に無理・・・。

でも、暫くすると「これこそが幸運のカギなんじゃないか」とも思えてきた。
だってコレ、出来るようになったら、モノの見方がガラッと変わるように思えたし、
見方が変われば、行動、ひいては生き方自体が変わっていくような、そんな気がしたから。

今までの人生を振り返ってみると、不愉快なことが起るたびに、嫌な気分にどっぷりと浸り、
そのせいかどうかはわからないが、余計に問題をこじらせていたような気がする。

30代まで仕事をしていたが、それなりに充実はしていたものの、
職場の人間関係のゴタゴタがあったり、仕事にやりがいを見いだすこともできず、
常に、不安と不満にさいなまれていた。

しかしその後、幸運にも結婚が決まり、
直後夫に海外転勤の辞令が下り、私もついていくことになった。
仕事を辞めるのは少し勿体ない気もしたけれど、専業主婦も悪くない。

通常、このような転勤の場合、妻は労働ビザを取得することができない。
「ビザがないから働けない」というのを良いことに、これを機会に、
少しのんびりしたい、という下心もあった。

初めての海外生活なので多少不安はあったものの、仕事をしなくていい、
・・・というのが嬉しくて、意気揚々と赴任先へ出発した。

しかし赴任先で待っていたのは、
日本人同士の足の引っ張り合い、うわさ好きな人々との付き合い、嫉妬や妬みからくる悪口の多さ
・・・と、仕事をしていた時よりも、はるかに酷い状況だった。

対人関係ですっかりストレスまみれになった私は、これではいけない、と思い
現地語を習ったり、手芸をしたり、お掃除をしたり、と、自分なりにイヤなことを忘れる努力をしたが、
何をしていても嫌な出来事を思い出してしまい、全く楽しめない。

そして、どんどん元気がなくなり、何をやるにも億劫になり、
すっかり家に引きこもるようになってしまった。

かろうじて掃除や洗濯など、最低限の家事はこなしていたものの、
気が付くと、嫌な出来事を思い出しては、無意味な時間だけが流れていく。

そうこうしているうちに、40歳を過ぎてしまった。

何かを変えたい、という思いはずっとあったが
もう、何をどうしたら良いのか、さっぱりわからなくなっていた。

でも「このままじゃいけない」ということだけは、はっきりわかる・・・。

そんな中見つけた「運を発生させる=ゼロの法則」は、まさに今のワタシにぴったりのセオリー。
とにかく、やってみよう。人生を変えよう。

・・・そう決心し、気分も上がってきたところで、最近の嫌な出来事を思い返してみる。

3日前、ある知人と食事をすることになったのだが、なんだか態度がおかしい。
つっけんどんだし、どう見てもなんだか横柄な感じ・・・。
穏やかに別れたものの、ずっとこのことが気にかかり、落ち込んでいたのだ。

何か気に障るようなことを言ってしまったかしら?
それとも、第三者が彼女に、私の噂でも吹き込んでいるのか?
または、たまたま彼女の具合が悪かったのか?
・・・どちらにしても、私のコミュニケーション能力が低いから
きっと彼女のカンに障るようなこと、無意識にしちゃっているのかもしれないな。

こんな風にして自分を責めたり、時には「何もそんな態度とらなくてもいいのに」と
相手を非難したくなるような気持ちになったりもして、私の頭の中はすっかり
「私が悪い」か「彼女が悪い」、これしか考えることが出来ないでいた。

そこで「でも、彼女に出会えて、勉強になったこともあったな」とか「食事は良かったし、まぁいいか」と、
半ば強引に考えるようにしていたら、ふと別の気持ちが浮かび上がってきた。

「あれっ?! 私、そもそも彼女と仲良くしたかったんだっけ・・・?」

そういえば、メールでのやりとりが全くかみ合わなくて、少しストレスになっていたことをふと思い出す。
やり取りの最中、あまり深く関わりたくないな、とも実は思っていた。

・・・ということは!
そうか、コレ、別に何の問題もないし、むしろ良かったかも。

ついさっきまであんなに気分が悪かったのに、こんなにガラリと気持ちが変わる、
「運を発生するしくみ=ゼロの法則」ってスゴイ!
そう気付いた私は、この法則をもっと深く知り、実践してみようと思い至った。

また「良い出来事があった時には、感謝の気持ちを持つ」という事について、私は
「感謝はできているから大丈夫。悪いことが起った時だけ気を付けよう」と思っていた。
でも、よくよく考えてみると、本当に心からありがたい、という気持ちで「ありがとう」言っていただろうか・・・と、
過去のことを思い出し、今更ながら顔から火が出るような、恥ずかしい気持ちでいっぱいになった。

わざとらしく形式だけ「ありがとうございます」なんて仰々しくお辞儀している人を見かけては、
あんな人にはなりたくないなぁ・・・と思ったことがあったけど、それと同じことを自分もしていたのかもしれない。
自分は全くそのつもりはなかったけど、感謝している「フリ」を無意識にして、他人に不愉快な思いを、
私もさせてしまっていたかもしれない・・・。

こんなことを考えていたところ、サイトで「体験記募集」の記事が目に留まり、
読者の方に見て頂く状況を作れば、こんな未熟なワタシでも、
感謝と喜びをより意識するようになるのではないかと思い、応募させて頂きました。

ゼロの法則を実践、日々検証し、それを公開することで、
みなさんの気付きの一助になれば幸いです。

また、書く励みにもなりますので、
感想やメッセージなど、レスを頂けますと嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

コメント

    • shougi777
    • 2021年 5月 09日

    確かにマイナスの感情をプラスの感情に変換するのは難しいですよね!
    そのためにかなえたい願望を浮かべながらワクワクの感情にもっていくのがテクニックでしたっけ?
    なんにせよ一度実践して結果がでればゼロの法則のとりこになるかもしれません。
    自分も頑張って奇跡をおこしたいです!

      • 2021年 5月 10日

      shougi777様

      コメント有難うございます!

      初めてのゼロの法則、ワクワクしながら実践していきたいと思います。

      初心者のため、至らない点が多々あるかと思いますが、暖かく見守って頂ければありがたいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今話題のイチオシ開運情報

2021-3-8

1394.開運アドバイザー第三期生募集!

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

両親との仲が悪い?
何をやっても上手くいかないかもね
ページ上部へ戻る