0571.先祖供養の効果は線香にあり!

お久しぶりの書き込みとなりますが、皆さんお元気でしたでしょうか。
約1ヶ月間、お休みさせて頂き、皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

このメンバーページの記事の書き込みも、今年の11月で6年目を迎えます。
ゼロの法則という開運の記事に限って、よくぞ6年も記事を書くことができたものだと思いました。
やはり、日々精進して、自身を進化させていかないと、長期にわたって開運の記事を書きつづけるというのは、非常に難しいことですね。
また、ゼロの法則や開運というものは、それだけ奥が深いということにもなります。

日々運の研究をしていると、やはり「悟りとは何ぞや?」ということも無意識に同時進行で探索していることに気づきます。
そして、悟りを追求すればするほど、心の中にある“煩悩”が邪魔していることを知ることになります。

さて、以前のお話は“先祖供養”についてでしたね。
“気にかけて”あげることができるようになると、先祖供養の効果を最大限満喫することができます。」ということを書きました。

既に他界してしまった人を、毎日毎日気にかけてあげることができるようになると、あの世から見守ってくれるようになります。
俗に「守護霊」と言われるものですね。
運の研究を重ねていくと(私の場合は机上での勉強ではなくゼロの法則の実践)、自然と守護霊とかあの世のことも、少しずつ見えてくるようになります。

これはきっと、煩悩が少しずつ薄らいてくるからだと思います。

“気にかけてあげる”ことって、現世においてもとても大事なことですよね。
周りの人から全く気にかけてもらえなくなると、これほど寂しい人生はないかもしれません。
ですから、つねにご先祖様に対して気にかけてあげて、劇的に開運したいと思うのであれば、最初は仏壇などがなくても結構です。
仏壇というのは、たいがい本家にあるのが普通なので、両親や親族が他界しても仏壇を持たない家庭もあるかもしれません。

「ゼロの法則」においては、「シンプル」「多額のお金をかけない」というのが基本です。
お参りする為に、写真を飾っておく台があれば、毎日気軽に手を合わせてお祈りすることができますね。

その際、一つだけ用意してもらいたいものがあります。
何だと思いますか?

それは、「お線香」です。

どうしてお線香なの?
という疑問の声が出てきそうですが、不思議とお線香のあるところに行くと、私の場合は効果を満喫させて頂いています。

有名なところでは浅草の「浅草寺」ですね。
私も、今年の初詣を含めて、4、5回くらいは行っています。
あの釜のような大きなものの中から線香の煙がモクモクと立ちこめています。
私もお線香の煙の効果を実感し始めてからは、あの線香の煙を体で浴びようと必死になって手で招き寄せます(笑)

どうしてお線香なの?

と言われても、残念ながら今のところはまだ未解明です。
これからの研究課題の一つとなりました。

確か、巣鴨にある真性寺に行った時にも、大きな地蔵さんの前にお線香がモクモクと絶えることなく煙が立ち込めていました。
私も一束50円の線香を買い、お参りしました。

そこのお寺にも数度行きましたが、今思えばハッキリとした効果(厄払い)がありました。
3年前に「なぜトイレの蓋をすると9割の人はお金持になれるのか」という本を出版する直前にも、よくお寺で水子地蔵や無縁仏にお参りしていました。

不思議とその時にも、水子地蔵のところにお線香がある時とない時では、ご利益の違いをなんとなくは感じていました。
きっとお線香には「空気の浄化」という効果があるのだと思います。
私の推測では、空気中の物質と対極するものがお線香の成分に含まれているのではと思っています。

実際、空気中には通常プラスイオンが多く含まれていて、空気が汚れていればいるほどプラスイオンの密度が多くなるそうです。
お線香にはマイナスイオンを多く含むものが多いそうなので、どうやら空気中のプラスとお線香のマイナスが合わさり、空気を浄化(中和)しているものと思われます。

これからもまだまだ研究を続けていきますが、興味のある人は先祖供養とお線香の両方を実践してみるといいです。
続きはまた次回にお話します。

皆さんの幸運を心からお祈り申し上げます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今話題のイチオシ開運情報

2018-7-5

1140.ネット会員募集中! 1ヵ月500円 9/30まで1000円OFF

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

全く同じ仕事をしているのに!
社員はボーナス100万、私はゼロ
ページ上部へ戻る