0904.素手のトイレ掃除を始めて10年経過

皆さん、こんにちは。

今日はトイレ掃除の話をしたいと思います。
ついに、自宅のトイレを素手で掃除し始めて、10年目になりました。
あっという間の10年ですね。
本当にあっという間でした。

先日マキノ出版から発売された、ムック本があります。
タイトルは、トイレ掃除で金運アップ!人生大逆転!というものです。
その本の中に、数ページほど私の話が出ていますので、興味のある人は読んでみてみるといいです。

ttp://www.makino-g.jp/bookdetail/isbn/978-4-8376-6366-9/

何事も10年続ければ、本物かなと思います。
そういえば、禁煙をスタートさせて、今年で9年目になりますね。
そして、外のトイレ掃除を毎日するようになって(一日一便器)、今年で8年目になります。
いろいろ、やってますね。

しかも、どれもあきらめずに続いているといのが、凄いところだと思います。
今は、外のトイレ掃除を毎日実践しているので、自宅のトイレを毎日素手で掃除しても、正直どんな効果が出ているのかは、ハッキリとはわかりません。

というのも、外のトイレ掃除の効果が大き過ぎるからですね。
それでも、自宅のトイレを毎日素手で掃除することは、運の下支えにはなっていると思います。
もし、自宅のトイレ掃除をやめたら、運気が低迷するのではないかという不安があるので、今さらもうやめることができません。
というよりも、トイレ掃除というのは、もう完全なる習慣となってしまいました。

自宅のトイレを掃除する場合、基本はやはり“素手”ですね。
なぜ、素手なの?
と言われても、科学的な説明をすることはできませんが、私が色んな人の話を聞いて結論を出したものです。

毎日、自宅のトイレを掃除しても、あまり効果がないという人もいます。
でも、自宅のトイレを毎日掃除していて、効果がある人のほとんどは、“素手”です。

効果をきっちり満喫している人のほとんどは、“素手”なんですね。
私のトイレ掃除の本を読んで、感想を書いてくれて手紙をくれる人もいます。
そのほとんどは、感謝の手紙ですが、なかにはクレームに似た内容の手紙もあります。

「外のトイレ掃除をしたが、全く効果がないじゃないか!」というものです。
しかし、私が10年毎日トイレを掃除してきた感想ですが、やはり「トイレ掃除をした」ということよりも、「どれだけ汚いトイレを掃除したのか」ということがとても大事です。

ですから、家族が大人数で、すぐにトイレが汚れるような家で掃除する人は、とてもつない強運を得ることができますね。

私はもう、トイレ掃除は完全なる習慣となりました。
歯磨きと同じですね。

便器の中に水が溜まっている所に手を入れるのも、何の抵抗もなくできるようになりました。
特に冬は水が冷たいので、水の中に手を入れるのは、ちょっと苦痛ですね。
夏は夏で、温度が高いので、ばい菌がつかないか?といった不安があります。
(自宅の場合は心配ないですが、外のトイレはばい菌が心配ですね。)

自宅のトイレを素手で掃除するようになってから、持ち株が急騰して店頭市場でその年の値上がり率2位になったのですから、やはりトイレ掃除の効果は凄いです。
ましてや、本当に神業と思えるくらいの、ちょうど底値で買えてしまったのですから、ビックリです。

「ゼロの法則」で、たっぷりとマイナス感情を味わいそれをクリアにするのがいいのか、それとも、トイレ掃除で汚いものをクリアにするのがいいのか、

どちらも、とんでもない効果がありますが、やはり“対価”なんですね。
今は、本当に“素手”のみで、掃除しています。

最初の頃の“素手”といのは、スポンジを素手でつかみ、便器のあらゆるところを磨くというものでした。
もちろん、あの水溜まりのところも、スポンジを持って素手でゴシゴシ磨いていました。

しかし、今はスポンジも使わず、正真正銘“素手”だけで掃除しています。
そう、一切道具を使ってないんですね。

皆さんの幸運を心からお祈り申し上げます。

【Part2へ】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

感動を得るには挫折も必要!
何が叶うのかは神が判断する?0952.願望を持つことで、感動は得ることができる

記事のコメント

ページ上部へ戻る