1059.金庫を使い始めて5年経過Part2

本日も、金庫の話をしたいと思います。
金庫の企画というのも、珍しいですね。

私は実際に、手提げ金庫を5年使い続けてきました。

金庫を使うとお金持ちになれるのか?という面白い実験でしたが、結果は今までと変わりませんでした。
突然、お金持ちになれるという幻想は打ち砕かれてしまいました(笑)

パッとした効果はありませんでしたが、便利なので今ではとても重宝しています。

玄関で靴を脱いだら、下駄箱に入れますね。
食べ終わった食器などは、食器棚へ収納しますね。
洗濯し終わった衣類は、タンスなどに収納しますね。
書類なんかは、デスクの引き出しに入れたりしますね。
それと同じ感覚で、お金は金庫の中に入れておくという感じです。

靴は下駄箱、お金は金庫。
という感じです。
食べ物は冷蔵庫ですね。

ですから、家の中にあるお金は全て金庫に入れておく習慣が身に付いてしまいました。
お金から発するマイナス波動を封じる。
という目的もありますが、やはり金庫があるととても便利です。

よく、財布は3年で買い替えなさいと言われていますね。
たぶんこれは、風水か何かの教えなのだと思いますが。

私は、財布を3年で替えることはありません。
せっかく買った財布ですから、3年で買い替えるのはもったいないです。
しかし、風水の言っている事も、一理あります。
理由は、お金というのは、人の欲や念が入り込んでいるので、その念があまりにも強いので、財布は3年で替えた方がいいという考え方ですね。
財布自体が、マイナスの念を発してしまうからですね。
それだけ、お金はマイナスの波動を発しているのかもしれません。

ですから、「ゼロの法則」的には、
財布は適度に替えてもいいし、替えなくてもいいというスタンスです。
あくまでも、その人の考え方が、運を引き寄せるので、どちらがいいというものではありません。

ちなみに私が財布を替えない理由は、財布も皮製品ですから、動物の皮が使われていると思うと、頻繁に替える人がいれば、それだけその為だけに動物が乱獲される恐れがあるので、それを思うとやはり、財布を3年で替えるなんてことはできません。
自我の欲求のためだけに、財布を3年で替えてしまうのは、豊かな心とは言い難いですね。
豊かな心でなければ、運が良くなるはずもないですね。

「ゼロの法則」は、風水とは真逆の考え方になりますね。
ですが、だからと言ってそれを強制するものではありません。
財布にはマイナスの念が宿るというのも、ある程度真実だと思いますので、3年で財布を買い替えるというのも、筋の通った考え方でもありますね。

もし3年で財布を買い替える場合は、今まで使った財布に対して、心の底から感謝の気持ちを込めて、動物に対する愛情を忘れずに、謙虚な気持ちで、申し訳ない気持でやるのであれば、運は逃げないと思います。

運というのは、傲慢な人を嫌いますからね。
自己の欲のために、周りの人(または動物)を犠牲にするのは、運が離れていってしまいます。

それと、金庫に大事なものを入れておけば、いざという時に楽です。
例えば、地震や火事などの災害で、咄嗟に家から飛び出さなければならない場合、皆さんならどうしますか?
何を持って、家から飛び出しますか?

たぶん、その時にはパニックになって、財布くらいしか思いつかないのではないでしょうか?
でも、金庫の中にあらかじめ大事なモノを入れておけば、一瞬で飛び出さなければならない場合でも、何も考えずに手提げ金庫だけ持って逃げることができます。

続きはまた次回にお話します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

今話題のイチオシ開運情報

2018-7-5

1140.ネット会員募集中! 1ヵ月500円 3/31まで1000円OFF

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

交渉したい時、ツールはどれがいい?
メールのコンタクトは期待薄!
ページ上部へ戻る