1346.大逆転!遂に中三で学年トップに!

メンバーの皆さん、こんにちは。

前回は、中学生の頃に、塾では幼馴染の同級生Nさんが優秀すぎたため
と私自身が劣等生だったために比較されては落ち込み続け、
さらに同級生Mさんの参入で、そのMさんに冷たく扱われたことにより
、それまでの劣等感に更に拍車がかかり、
学校では、前のクラスの友人に未練があったので、休み時間に廊下で
会い続けたことにより担任の先生から何度も呼び出され続けて精神的に
追い込まれていたと記述いたしました。
今回は、その後の逆転劇について投稿いたします。

そういうわけで、中学の中間地点くらいまで、精神的に苦しい生活を
送っていました。
この苦しい状況に対し、最初はただ悩み続けたり、不良の真似事をし
ようとしたりしましたが、かえって先生に目をつけられたりしたので、
何の解決にもなりませんでした。
次第に(どうにかならないだろうか)と考えるようになりました。

中学も後半にさしかかってくると、クラスのまとまりとか、団結を中
心に考えていると思われる担任の先生も、
さすがに受験、勉強についても生徒達に語るようになってきました。
その話の中で、『1日24時間の中で、8時間寝て8時間自由時間にあてて
も、8時間は勉強できる』という話をされました。
この話は、他の先生方もおっしゃっていたように思います。
その言葉が、妙に心に残っていました。
それに、今思えば潜在意識のことについても、学校、塾、宗教の場な
どで聞く機会がありました。
『人間の意識は氷山の一角に過ぎず、海底の意識にはまだまだすごい
可能性がある』というような内容だったと思います。
そういったことを聞くにつれて、どういうわけか、(自分にもできる
かもしれない)と思うようになりました。
(とりあえず8時間勉強して、成績をよくして先生を見返せたら面白い
のでは?)と本気で思いました。
精神的にどん底なときだったときにも関わらず、ワクワクしていまし
た。
先生の驚く顔は少し想像したかもしれませんが、同級生のNさん、Mさ
んや両親の反応についてのイメージまではわきませんでした。
このときは、ワクワクしたらすぐ行動せずにはいられませんでした。
(失敗したらどうしよう)などと考える余裕は全くありませんでした

そう決めてから、本当に勉強するようになりました。
それまで自分の好きなジャンルに取り組んでいた夜の時間を勉強にあ
てました。
日曜日もほとんど一日中勉強するようになりました。
テレビも気がつけば、全く見なくなりました。
家に帰ったら勉強、夕食後も勉強、休みの日も勉強、ひたすら勉強、
勉強・・・の日々でした。
気がつけば当初の(とりあえず8時間)をとうに超えていました。
それまでサボっていた(笑)分を相当な時間をかけて埋めていきまし
た。

そして、腕試し(?)のときがきました。期末テストでした。
その時は、2位でした。それまでは学校で一ケタ台の順位にはなったこ
とがありませんでした。
担任の先生が発表したとき、クラスのみんなが、「おー」という声と
ともに、明らかに(えっ?何でこいつが?)という顔をしてこちらを見
ました。(苦笑)
担任の先生が、ややにんまりとしてみえたのを今でも覚えています。
そして中学3年生の頃には、ついに学年トップになりました。

それにこの頃までには、前のクラスの友人とたむろをすることをやめ
ていました。
勉強に本腰をいれたころから、不思議と、その前のクラスの友人も廊
下に出てこなくなり、
自然とたむろしなくなり、休み時間には廊下に出ずにクラスの中にい
ることができるようになりました。

塾でも成果が出てきました。
中学3年には、難しい塾の統一試験で、順位表に載ることができました

以前はNさんが載っていたところに私が載れるなどと思ってもみません
でした。
塾の先生から、市外に出て(下宿して)県で一番の高校に入ってみた
ら?と提案されることもありました。
成績が急上昇しましたが、Mさんの態度は変わりませんでした。実はこ
の頃は、私は既にNさんを抜いていたのですが、MさんはNさんをよいし
ょし続けていました。
Nさんは、元々受験のために楽器の練習に本腰を入れなければならなか
ったので、多少成績が下がるのは想定内だったのだと思います。
この頃になると、Nさんの成績とかMさんの態度はもう気にならなくな
りました。
自分の成績が上がる毎に達成感を覚えており、比較対象が人ではなく
自分になっていました。

今回の投稿のまとめです。

『担任の先生につめられ、Mさんに冷遇されるなどで精神的にどん底に
陥る(マイナス)』×『勉強して見返そうと決心してワクワクする(プ
ラス)』→『成績急上昇(エネルギー発生)』

今回この記事を投稿するにあたり、当時のことを思い出すうちに少し
感情がプラスになってしまいました。
もしかしたら、現在の現実世界でマイナスなことが起こるかもしれま
せん。覚悟はしていても正直怖いですが、リスクを受け入れる勇気が必
要かもしれません。

私のようなダメダメだった人間でも、逆転劇を起こせたということで
、少しでも勇気をもっていただけることが出来たら幸いに存じます。

今回もお読みくださいまして誠にありがとうございます。
皆様の更なる幸運を心より願っております。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今話題のイチオシ開運情報

2022-7-7

1591.開運アドバイザー第四期生募集!

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

火事で全財産を失う!
凶運か?それとも強運か?
ページ上部へ戻る