1668.メンタリング東京の電話相談とは?

昨年、「メンタリング東京」という電話相談専門のサイトをオープンしました。
その中には「成果報酬型」というかなり珍しい形の電話相談もあります。

引きこもり、
性格改善、
発達障害、
原因不明の病気、
婚活、
投資アドバイス、
という具合に、色々な分野のご相談があります。

基本、1年間という期間限定で、問題を解決するというものです。
投資アドバイス以外は、どれも難問です。

かなり難しいケースばかりですが、それでもあえて引き受けています。
直接的な場合もあれば、間接的な場合もあります。

直接的というのは、ご本人の問題を直接電話で相談してくる場合です。
一方間接的というのは、ご自身の問題ではなく、家族のことで困っている場合、その家族と直接話をするのではなく、相談者と話しをすることになります。

例えば、子供が引きこもりで困っているという場合。
その引きこもっている本人と話しをするのではなく、引きこもっている本人の親と話をすることになります。
間接的なので、多少時間はかかりますが、突破口を見つけて解決の糸口を見つけていくことになります。

どれもこれも、かなりの難題ではありますが、やはり1年間という時間があるので、問題の原因を把握し、解決に導いていきます。

例えば、ひきこもりの場合。
10年引きこもりをしている場合は、「ゼロの法則」には臨界点というのがあるので、2、3年は解決に時間を要します。
時間はかかりますが、引きこもりを解決するのは不可能ではないということですね。

しかも、電話相談だけという限られた中での、ご相談です。
そして、直接引きこもっているご本人と話ができるわけではありません。

遠隔で治す方法ですね。

ただでさえ、難しい案件なのに、電話相談だけという方法で解決するというものです。
なぜこのような事が可能なのかというと、相談者の波動を間接的に高めることができるからです。

「成果報酬型」の電話相談の場合、基本月に4回お話しします。
毎週1回の頻度ですね。
毎週一回、お話しするだけでも、波動の影響を受けることができます。
電話口でお話しするだけでも、相談者の波動はグッと上がります。
ご相談者本人の波動が上がることにより、そのご家族も影響を受けることになります。

ただし、ご相談者本人の波動が、ある程度高い場合は、解決に導いていくまでにかなりの困難が予想されます。
何故なら、今以上に波動を強く上げることが難しいからです。
運の悪い人ばかりではなく、運の良い人でも、問題を抱えている場合があります。

「ゼロの法則」には、多岐にわたる問題解決法があります。
無限にあるといってもいいくらいですね。

その人に一番適しているものを実践して頂き、解決へと導いていきます。
プラス思考、
マイナス思考、
欲を解き放つ、
徳を積む、
などなど色んな方法があります。

一番効果があるのは、やはりプラス思考になりますね。
ご相談者本人にも、心の葛藤を強く体験していただくことによって、解決のスピードも速くなっていきます。
摩擦を生じさせて、エネルギーを発生させるというものです。

「ゼロの法則」の真骨頂ですね。

子供を産むときには、「産みの苦しみ」がありますね。
新しい世界を創造するには、どうしても「産みの苦しみ」的なことが必要になってきます。

続きはまた次回にお話しします。

【Part2へ】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

無意識でできるのが一番楽!
その為の方法とは?0470.潜在意識に刺激を与える方法

記事のコメント

ページ上部へ戻る