1146.ピッタリな理想の人に出会う秘訣とは

この世の中は、恋愛に限らず、物事に対してあまり欲張りすぎると運が離れていってしまうことが多いですね。
理想の人に出会えない理由はいろいろありますが、「妥協」を繰り返してしまうと、ますます理想の人が遠のいていく可能性は高いです。

出会いの多い人は、一見恋愛運がいいように思えますが、「ダメならまた次の人を探せばいい」という開き直りは、次の幸運を遠ざける要因にもなります。

「理想じゃないけど、とりあえず付き合ってみるか」と、友人が紹介してくれた人と付き合ってみたり・・・。
「顔はイマイチだけど、収入がいいからとりあえず会ってみるか」と、お見合いしてみたり・・・。

彼氏や彼女のいない期間が長く続くと、寂しくなったり焦ったりして、理想と違う人であっても、つい付き合ってしまいがちになります。
特に男性の場合は、誰でもかれでもアタックしたりしていると、理想の人が現れるどころか、恋愛運が大幅にダウンしてしまう結果となることもあります。
「寂しさを堪えて」、一度断ってみる。
「焦りを我慢して」、一度断ってみる。
「妥協せずに」、一度断ってみる。
「もったいないけど」、一度手放してみる。
目の前にあるマイナス感情を一度克服すれば、スッーと理想の人が近づいてくるようになります。

「断る」、「妥協しない」、「我慢する」というのは、自分の思考(理想の相手)を明確に意思表示していることにもなります。
ですから、一度我慢することによって、本来理想としている人を引き寄せる可能性が高くなります。

「捨てる」、「断る」というマイナス思考は、「受け入れる」というプラス思考よりも、難しいかもしれません。
しかし、自分の理想を明確にしていることにもなり、「捨てる」ことによって新たなものを受け入れる環境を作り出していることにもなるので、願いが叶う事が多いです。

理想の人との出会いを経験している人は、あまりいないかもしれません。
しかし、実際に理想の人と結ばれている人というのは、意外と少ないチャンスをものにしている場合が多いです。

大きなチャンス(理想の人との出会い)というのは、一度手放した時に訪れるものです。
「少ないチャンスをものにする」
というのは、運のいい人でないと無理かもしれませんね。
エネルギー(運)を溜め込むことで、理想の人を引き寄せることができます。

エネルギーというのは、無風状態では起こりません。
必ず、逆風なり順風が吹かない限り、エネルギーを発生させることはできません。
特に心の中で起こる「葛藤」は、エネルギーを起こさせる元となります。

理想でない人の誘いを断る。
恋人がいないと寂しいので、理想の人でなくても、ついつい誘いに乗ってしまうことはよくありますね。
理想でない人の誘いを断るというも、勇気のいることです。

しかし、理想でない人と付き合う事で、運気を溜め込む方法もあります。
それは、付き合いながら、相手の長所を見つけていき、相手の欠点をカバーしていく方法です。
理想でないという事は、自分にとって、「嫌な面」が必ず相手にあるということになりますね。
ですから、その「嫌な面」を受け入れていくという方法です。
相手の「嫌な面」を受け入れていくことで、確実に運気を溜め込むことができます。

どちらにしても、心の中で「葛藤」と戦うことになります。
「葛藤」の経験がない人は、なかなか理想の人と付き合う事は難しいです。
妥協して付き合うことでも、エネルギー(運)を溜め込む方法があるという事を知っておいてください。
理想の人というのは、突然あなたの目の前に現れることが多いです。
皆さんの幸運を心からお祈り申し上げます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

今話題のイチオシ開運情報

2021-3-8

1394.開運アドバイザー第三期生募集!

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

喜ぶ。褒める。祝福する。
あなたはいくつできますか?
ページ上部へ戻る