0846.禁煙8周年!結果報告

皆さん、こんにちは。

先月の14日で、無事に禁煙8周年を迎えることができました。
すでに臨界点を越えているので、もうたばこを吸うことはないと思います。

臨界点というのは、
26年(喫煙年数)×20%=5.2年
という数式になります。
臨界点(20%~30%位)を超えることで、全く違う世界になるという事です。
たばこを辞めてもう8年になるので、一生吸うことはないでしょう。

仮に臨界点を30%まで高めたとしても、
26年(喫煙年数)×30%=7.8年
となりますので、私の禁煙年数はそれを超えていますね。
たばこについては、禁煙してから本当に1本も吸っていません。
我ながら凄いなと思います。

この禁煙については過去の記事の中で、臨界点を超えるまでは禁煙が成功したとは100%言い切れないというニュアンスの事を書いたことがあります。

しかし、臨界点の7.8年を超えたことで、堂々と「禁煙大成功!!」と言うことができると思います。
私はたまたま“禁煙”ということに対して、「ゼロの法則」を活用しましたが、応用例は無限にありますね。

ダイエットやお酒やギャンブルなどは、全て禁煙と同じく、効果を発揮させることができます。

しかも、全くたばこのことを意識せずに毎日過ごすことができます。
「たばこが吸いたい!」といった気持ちが沸き起こることも皆無です。
本当に皆無です。

どのような方法でこんなに簡単に禁煙ができてしまったのかは、過去の記事を見れば一目瞭然です。
たばこをやめる数週間前から、どのような精神状態で推移してきたのかも、全て記事にして記録に残しています。

禁煙の成功要因は、“ワクワク感”ですね。
禁煙を決意した時に、潜在意識に“ワクワク感”を強烈にインプットしました。
これが全てですね。

お酒をやめたい!
食事を減らしてダイエットしたい!
ギャンブルをやめたい!
そんな思いがあるのであれば、ノートに10個以上、“やめた後のご利益”を書き込んでみるといいです。

私の場合は、過去の記事を参照してもらえればわかると思いますが、
金運が良くなるとか、
集中力が途切れないとか、
食事する時に場所を選ばなくていいだとか、
本当にワクワク感をたっぷりと潜在意識にインプットしました。

「たばこをやめると、良いことがいっぱいあるよ!」という具合に、たばこをやめるのは、苦しいことではなく楽しいことなんだよ、と思い込ませました。

やはり、成功の要因は、“感情”なんですね。
「ゼロの法則」では、徹底的に“感情”にこだわっていますね。
感情を制覇する者は人生をも制覇する
と言っても過言ではありません。

「たばこなんて簡単にやめられない!」といった固定観念は捨てて下さい。
実際、簡単にやめられた人がここにいるのですから。

たばこをやめる
というのは、欲を捨てるということにもなりますね。
26年たばこを吸ってきた楽しみを捨ててしまったのですから、物凄い宝物が得られることは、ある程度想像できますね。

禁煙をした4ヶ月後に、トイレシリーズ1冊目の本の出版が決まったのですから、ただの机上の空論ではなく説得力がありますね。
欲(プラス)を捨てる(マイナス)というのは、「ゼロの法則」のマイナス思考の極意になります。

欲を捨てるというのは、苦しくて辛いものではないんです。
苦しくて辛い・・・というのは、自分が勝手に決め付けていることです。
私のように、苦しくて辛いという思いよりも、物凄いことが起こるかもしれないというワクワク感を持つことだって可能なのです。

実際今は、全く苦しまずに禁煙ができています。

最初の思い込みは、非常に大事です。
何故なら、「思考は現実化する」からです。
それは、「ゼロの法則」や私の実体験が証明しています。

皆さんの幸運を心からお祈り申し上げます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今話題のイチオシ開運情報

2021-10-6

1505.教えて!ゼロの法則掲示板

カテゴリー

ゼロの法則ワンポイント復習

ひたすら数を数えるだけ!
心が落ち着き平常心になれる!
ページ上部へ戻る